2013年 08月 30日 ( 1 )
超高齢化社会の到来








e0143416_8182611.gif総務省が今年3月末時点の人口動態調査を発表しました。
全国の人口は、1億2639万3679人。
前年同期より26万6004人(0.21%)少ない。
4年連続で減り、減少数・減少率とも過去最高となりました。

また、15歳~64歳の「生産年齢人口」が1994年の調査開始以来初めて8000万人を割り込み、
65歳以上の「老年人口」が初めて3000万人を超えました。

働き手が減って年寄りが増えていますね。
いよいよ超高齢化社会の到来です。
電車に乗って廻りを見渡したら、ほとんどが高齢者です。
公園へ行っても、美術館へ行っても、コンサートへ行っても、
食事に行っても、どこへ行っても高齢者だらけです。
仕方がないとはいえ、今まで見たことのない異様な光景ですね。

私もまもなくその集団に入ろうとしています。
あと6年です。
歳をとることは仕方がないことです。
イヤな嫌われる年寄りではなく、素敵な年寄りになれるよう努力するしかないですね。
[PR]
by ll23910 | 2013-08-30 07:16