人気ブログランキング |
働かざるもの喰うべからず



横浜、大桟橋にASUKAⅡが停泊していました。
e0143416_18404568.jpg



こんな記事を目にした。
安易な「派遣規制」で大失業時代がやってくる?

企業の採用基準について、
給料分、たとえば30歳500万とすると、それだけの価値があるかどうかを見るんでしょ? 
よくこんな質問をもらうがそりゃ外資の話だ。

日本企業が人を採る際は、「500万×30年=1億5000万」の価値があるかどうかを見る。
実際には定昇やベアでさらに上がり、下がることは無いのだから2億くらいか。
実は正社員を採用するというのは、とんでもなく高い投資なのだ。

当然ながら、採用されるのはきわめて優秀な人間のみとなる。
能力の無いものは無論のこと、年俸制なら普通に採用されうる人間でも、リスクが高いと判断されれば敬遠されることになる。
前科がある人間、借金のある人間、以前の職場で懲戒歴がある人間、年を食った中高年、職歴の無いフリーター、ニート、
女性、難病のある人間。ぜんぶ選考段階ではねられる。強きものだけが生き延び、善人ぶって既得権にしがみつく。

だから日本企業は、仕事が増えても採用よりは社員に残業させる方が好きだし、めいっぱい残業させ、
それでも人手が足りない時は非正規雇用を使いたがる。
非正規の場合は基本給の300万で済み、後に×ウン十年なんて妙なヒモはつかないためだ。

もっとも、正社員の人件費はがっちり法でロックされているため、人件費原資から正社員人件費をまず確保し、
残った分を非正規側にまわすことになる。
(仮に正社員と公平な競争が行われていた場合に比べると)相当安く買い叩かれることになるし、
この状況で同一労働同一賃金なんて幻想に過ぎない。

そこで、まずは正社員の規制を緩めて流動化しろというのが労働ビッグバンなのだ。
オランダをはじめ世界中でやっていることであり、なんら珍しいことではない。
同一労働同一賃金が実現している国では正社員の解雇も賃下げも容易だという事実は、なぜか日本ではあまり報じられない。


つきつめていくと、どこの国も、どんな制度もそんなにおいしい話はないということだ。
野党の言う「派遣規制政策」は、単に失業率悪化と世の中の混乱を招くだけだと思う。
だって推定46万人もの派遣労働者がいま製造業に従事している。
仮に製造業への派遣を禁止したら、この労働者達はいったいどこが雇ってくれるの?
正社員さえ切ろうとしているのに。
まさに大失業時代の到来だ。


しかしよく考えてみよう。
TVで年越派遣村が放映され、あたかも制度の犠牲者の如く、彼等が取り上げられていた。
好きな時に、好きな仕事だけ選んで、自分の都合で気の向くままに働いてきたことのツケが廻ってきているだけじゃないか。
人件費を固定費として見なくてすむ経営者の思惑と、気が向いたときだけ働けばいいという労働者集団の思惑が一致し、
両者の利が一致したことで今に至っている訳じゃないか。
コンビニに求人募集はいっぱい張ってあるのに、土日は働きたくない、遅い時間も嫌だと未だに言ってるヤツがいる。
いい加減にしろといいたい。
野党は一ヶ月で失業保険を出す要求をする? 一体そんな源資はどこにあるんだ!
失業保険分、働いていたときにちゃんと源資を収めたのか? よく考えろといいたい。
国民の人気取り政策、弱者救済の枕詞に同調し、気の毒だ、可愛そうだ、に流されたらこの国の混乱は避けられない。
働かざるもの食うべからず。先代の教え通りです。 
私は真面目にコツコツ着実に働きます。 にほんブログ村 ニュースブログ 面白ニュースへ



e0143416_1843194.jpg

こんな船で、100日間世界一周なんて、最高でしょうね。
次はサマージャンボか?  にほんブログ村 ニュースブログ 面白ニュースへ 
by ll23910 | 2009-01-15 18:49
<< 湯島の白梅 コバエを呼ぶ赤ワイン >>