舛添の末路



すずがリラックスしています。
e0143416_6234180.jpg


正月の家族旅行が政治活動資金? どう考えても、無理だろう・・・・・許されない行為です。
記者会見では、「精査して」「徹底的に調べる」「全体像を把握してからコメントする」等言い逃ればかり。

画廊やアートギャラリー、高級な美術書専門の古書店やなどから、政治資金で、掛け軸や版画などの美術品を購入、ヤフオクでも購入?
加えてクレヨンしんちゃんの漫画やクイズ本なども購入し、美術品と同様に「資料代」「書籍代」などの名目で経費処理。
その金額は23、24年の2年分だけで、なんと900万円余。 これも普通にアウトでしょう。

記者会見で
「政治活動の資料代として正当な活動なので、いちいち申し上げませんけれども、私はバーとかキャバレーは行きませんから。そういう時間があったら、神田神保町へ行ったり、ネットで『国民のための資料』を一生懸命見つけて勉強してやろうと思っており、一切問題ありません」

出てくるねぇ、次から次へ。 こういうときのマスコミの調査力には感心するね。普段はマスゴミだと思っているけど。

市民団体が規正法違反で告発する準備を進めているそうなので、受理されれば東京地検も動かざるを得ない。
このままいけば、本人がいくら現職にしがみつきたがっても、辞任せざるをえないでしょう。

“舛添辞任”を前提に参院選と都知事選とのダブル選挙? 都知事の後任には橋下徹?なんて声がチラホラ?
[PR]
by ll23910 | 2016-05-16 06:25
<< 第29回三島由紀夫賞 蓮実重彦さん 野菜づくりNO8 >>