2015年の謝罪




すずは蒲団が大好きです。蒲団を置いておくと鼻で上手におしのけて、一人で勝手にもぐって寝ています。
e0143416_18134014.jpg


一年早いですね・・・・・。
今年一年いろいろな企業のトップが謝罪しました。
振り返ってみると面白いです。

1月 スカイマーク 
 自力再建をあきらめ民事再生法の適用を申請して謝罪
 スッチーに超ミニスカートを履かせたあたりから変でした。あ~あ、やっぱりなぁという印象。

2月 マクドナルド
 14年の決算で大赤字、廃鶏問題・相次ぐ異物混入で女社長が謝罪
 中国の廃鶏問題を受け、「私たち(マクド)は被害者だ」発言で大顰蹙!

3月 東洋ゴム
 免震ゴム詐欺で謝罪
 世間の目は、いい加減にも程があるという印象でした。

4月 アシアナ航空
 広島空港で着陸に失敗して謝罪

5月 シャープ
 経営悪化、3500人の希望退職を募るなどして謝罪

6月 トヨタ
 常務の外人女性が麻薬取締役法違反容疑で逮捕され、社長が謝罪。
 なぜ社長が謝罪するのか? リスク対応で世間に疑問を投じた案件

7月 東芝
 不適切会計の表面化し大パッシング
 今も隠してはバレ、隠してはバレを繰り返し最悪の状態。完全に腐っている経営陣

8月 日本年金機構
 125万件の個人情報流失で謝罪
 厚労省のバカさ加減を露呈。マイナンバーのせキュリティーの信頼性に飛び火

9月 明治大学
 教員による司法試験問題漏えいで謝罪

10月 旭化成
 横浜マンションの杭打ち工事不正事件で謝罪
 建設業界の構造など根本的な問題に発展し真の原因は根深い
11月 タカタ 
 エアーバッグで米運輸省の制裁金支払い合意で謝罪
 タカタ社長がなかなか出て来ず、顰蹙大

12月 さて有終の美を飾るのはどこでしょう?

それにしても企業のリスク対応は本当に難しいですね。
法的な判断と一般顧客の道義的な判断基準が異なる場合が往々にしてあること、ジャスミン革命に代表されるように情報の伝達速度が恐ろしく早いこと、企業に対応経験が少ないこと、等などが問題を難しくしています。
ひとつ間違えば、顧客の信頼や株主の信頼を失い、従業員とその家族を困らせることになります。
そう思えば、経営者って、本当に大変です。
[PR]
by ll23910 | 2015-12-10 18:16
<< 食品の軽減税率の線引き 野菜づくりNO30 >>