女性の進出





世界のスタンダードとして、”女性の進出””と言う言葉自体が既に男女差別かもしれない時代になっているのに、
日本では女性の首相ではなく、女性が首相秘書官に登用されたことがつい先日ニュースになりました。
これでは、遅れているとしか言いようがありませんね。

e0143416_751341.jpg今回脚光を浴びたのは女性初の首相秘書官で山田真貴子さんです。
明治18年の内閣制度創設以来、初の女性首相秘書官の誕生です。
厚生労働省の村木厚子次官、岩手県警の田中俊恵本部長らに続く3人目の抜擢です。
期待したいですね。

厚生労働省の村木厚子事務次官(57)は35年ほど前に幹部候補生として旧労働省に入省した際、
1つの仕事を与えられたそうです。それは20人から30人の同僚に毎朝お茶を用意することだったそうです。

今の厚労省はどうなのか?聞いてみたいものです。
また山田さんの働きっぷりもどんなものか?興味が湧きますね。
[PR]
by ll23910 | 2013-12-10 07:05
<< 無人機で配送サービス 15年に... 東北道 羽生パーキングエリアに... >>