最悪のみずほ銀行







e0143416_20122911.jpg日本の恥ですね、世界からバカにされます。
みずほ銀行の佐藤頭取がようやく会見に出てきて、ゲロしました。
担当役員止まりとされた反社への融資が、当時の頭取にまで報告されていたほか、
取締役会などでも計8回報告され、自身を含めた数十人の取締役が知りうる立場にあったこと明らかにしました。

つい4日前までは、社内での報告は担当役員止まりと言っていましたが、ここにきて急転しました。
これって企業としては最悪のパターンですね。
一番、マスゴミや世論から突き上げを喰う展開の仕方です。

力のない会社、内部がうまくいってない会社、会社の体をなしていない会社が、得てしてこうなってしまうんですよね。

取締役会で資料が配られていながら、何も手を打たない。
放置したうえに、金融庁からの業務改善命令を受けた後も、対策を公表することもしなかった。
発覚後の対応も、本来は最初からトップである頭取が表に出てくるものだが、トップは出てこなかった。
一事が万事です。

過去に三行が一緒になったからという言い訳は、もう通りません。
どれだけ時間が経ったのか、また同じ道を歩んだ他のメガバンクは上手くやっているじゃないですか。

銀行として自らがしでかした事の大きさを、もっとまじめに認識すべきです。、
日本の代表的なメガバンクとして、世界に向けて日本の大恥を晒したというところでしょう。
[PR]
by ll23910 | 2013-10-09 20:16
<< 米国の債務上限問題 中国 汚染問題 >>