エコポイントの結果検証







生まれて初めてトウモロコシを食べているすずです。
勿論一本まるごと食べたのではなく、残りをすこしもらっただけです。
e0143416_18104688.jpg




政府が昨年春まで実施したエコポイント制度。
環境省の結果発表と会計検査院の発表が、ま逆になっています。
これはおかしいでしょう・・・、どう考えても・・・。

もともとエコポイント制度は省エネ効果が高い家電製品を買うと商品券などと交換できるエコポイントもらえる制度で
我が家でも一気にテレビとクーラーを買った記憶があります。

地デジ放送への切替え次期と絡め、環境省、経済産業省、総務省の3省が7000億円を投じて実施した政策で、世の中的には確かに盛り上がったと思います。
しかしながら、問題はその効果としての発表に食い違いがあることです。

環境省発表は昨年6月で省エネ家電への買い替えで年間273万トンのCO2の削減効果があったとしています。
これに対し会計検査院は削減効果は21万トンに留まり、むしろ排出は年間173万トンの増加だとしています。
変ですよね・・・。
巨額の予算を投じて実施した制度です。
政府は国民にその効果をきっちり検証して示す必要がある。うやむやにはしないできっちり検証して欲しいものです。
[PR]
by ll23910 | 2012-10-24 18:15
<< 日本シリーズ 巨人二連勝 これって復興予算? >>