十和田湖






e0143416_2354481.jpg



十和田湖へ行きました。
生まれて初めて十和田湖を見ました。
と言うより生まれて初めて秋田、青森の土を踏みました。

残念ながら、紅葉には少し早かったようですが、お天気に恵まれとても綺麗な景色と空気を堪能してきました。
なかなかきれいな湖です。
e0143416_2362622.jpg















遊覧船に乗りました。
e0143416_2362380.jpg


遊覧船の終点が、子ノ口(ねのくち)と言う地名でした。

子(ね)は十二支で鼠(ネズミ)のことです。
子の刻とは深夜0時を中心とする約2時間を指すそうで、
子ノ口(ねのくち)は十和田湖のちょうど2時の位置にあるのでその名がついたとか・・・。

こんな話をガイドさんがしてくれました。
神が十二支の動物を決める際、家の門の前に来た順番に決めることにした。
牛は動きが遅いからと真っ先に出かけ、一番に門の前についた。
しかし、門が開けられる時、牛の頭の上に乗っていた鼠が牛の前に飛び出たので、鼠が一番になったという。
なお、猫も十二支に入れてもらおうと準備をしていたが、鼠が集合の日をわざと間違えて教えたので十二支に入ることができなかった。
それで今でも猫は鼠を追いかけ回すのだという。
[PR]
by ll23910 | 2012-10-11 23:13
<< 奥入瀬渓谷 青森に行ってきました >>