常軌を逸した反日行動





隅田川の宴会船です。
e0143416_828217.jpg



16日、日曜日、今朝はAM8:00で室温が30℃を超えました。
ブログを更新しながら汗タラタラです。この暑さはいつまで続くのでしょうか?
夏バテを通り越していよいよ秋バテになってしまいます。

前回のブログで、中国で日本人に対して暴行があり怪我人が出たことを書きましたが、
その後も更に中国の民度の低さを露呈する出来事がエスカレートしてきています。
尖閣列島国有化に伴い常軌を逸した反日行動が続発です。
・中国に滞在する日本人への暴力
・日系企業に対する襲撃や破壊
・日本大使館への投石
また中国当局の船舶が尖閣の領海に一斉に侵入する
等など。
更に問題なのは、これらの反日活動を容認するかのような中国政府高官の発言。
「デモに参加する人はこっちへ並べ」と、警官が指示しているとか?
まさに民意を政府が演出しています。民が民なら政府も政府です。
(いやぁ日本も政府についてはあまりよそ様のことは言えないのかもしれませんが・・・・・)
国民にとっても不満を発散できるはけ口化しているようです。
通常、集会等の自由は制限されていますが、反日活動なら許されるようです。
ほんとうに困ったものです。

世界に向けて強さを誇示しているつもりなのでしょうが、実は世界に向けて自ら恥をさらしているんだ!!
ということに、いつになったら彼らは気付くのでしょうかね?
まだ当分時間がかかりそうですな。
[PR]
by ll23910 | 2012-09-16 08:32
<< 65歳以上の人口が3000万人... 上海で日本人への暴行が起きた >>