内部進学できなかった卒業生が高校提訴








我が家のすずです。
我が家に来て12日経ちましたが日に日に大きくなっているのがわかります。
元気でおてんばです。
e0143416_735633.jpg




入学案内で併設大学への内部進学を約束しながら、実際には希望者の一部しか進学できなかったのは入学時の契約に違反するとして、
私立金蘭会高校(大阪市)を今春卒業した女子大学生6人とその保護者が23日、運営元の学校法人を相手取り、約3千万円の損害賠償を求めて大阪地裁に提訴したそうです。

訴状によると、卒業生らは2008年4月、金蘭会高校看護進学コースに入学しました。
学校案内には「併設の千里金蘭大学看護学部に、原則全員進学できる」と記されていましたが、
09年12月、「3カ年の評定平均値が3.5(満点は5.0)以上」など5項目の条件を高校側が生徒や保護者に示し、条件に満たないものは大学に推薦しないとしました。

10年4月時点で、同コースの3年生24人のうち千里金蘭大への進学希望者は17人いたが、推薦で合格し、進学したのは6人。
残る18人は他の大学や専門学校を受験し、進学。うち6人が提訴した。
原告(18)の父、松島孝司さん(55)は、「詐欺まがいの行為で生徒を集めるのは進路指導の根幹を揺るがす行為だ」と話す。

どっちがどうなんでしょうか?
生徒側の主張がが正しいのか、学校側の運用が正しいのか?
エレベーター式の一貫教育スタイルの大学でも、一定ラインに届かない生徒は、
エレベーターに乗れない学校が多いのが、一般的運用だと私は思いますけど。
司法の判定になるんでしょうね。
[PR]
by ll23910 | 2011-05-25 07:44
<< 放射能便乗商法2か月で1400... 九州南部 梅雨入り宣言 >>