表現間違い
朝日の記事で、漢字力低下の記事が掲載されていた。
高3の教え子からもらった手紙を見た先生が、びっくりしたとの記載で、
「秋も段々深まりました。姉も段々色づきました。」とある。
もうお分かりだと思うが「柿」が「姉」になっている。

「祖父」を「粗父」と書いた例も紹介されている。
年寄りを粗末にするなとからかわれたそうだ。

昨今、文章や漢字を書かなくなった。
かくいう私も、パソコンに漢字丸投げで、最近は文章を書くと漢字書けない症候群に
陥っている。

記事の最後はハンガリーはノーベル賞受賞者の輩出率が高い。その理由はハンガリー語が
難しいからだということで締めくくられている。
子供にとって、母国語が難しいということが、恵みだそうだ。
漢字反対論と、全く正反対の視線だが、その通りじゃなかろうか。

我々の言語、日本の漢字文化には、漢字それぞれに固有の意味がある。
祖父のことを・・・・・・・・先祖の「祖」ではなく、粗末の「粗」を、

              書き間違いではなく、本気で書いてしまう・・・・・・・

e0143416_8472533.jpg
そういう世の中、そういう時代には間違ってもなって欲しくはないものだ。
[PR]
# by ll23910 | 2008-03-01 08:54 | Trackback | Comments(0)
春の訪れ
花も春めいています
e0143416_23582296.jpg




手作りブーケです
e0143416_05263.jpg



[PR]
# by ll23910 | 2008-03-01 00:10 | Trackback | Comments(0)
引越し準備
引越し先を探しています

画像がどう掲るか?、操作性は、ページはつくりやすいか?等などテストです。

最近の季節の花を載せて見ます
私の好きな河津桜です
e0143416_23523430.jpg




小さくてとても可愛い花です
e0143416_23553048.jpg





とても素敵なアレンジメントフラワーです
e0143416_23591879.jpg





最後は季節の花で香りが匂うほどの白梅です
e0143416_0181951.jpg

[PR]
# by ll23910 | 2008-02-29 00:03 | Trackback | Comments(0)
藻からつくるバイオ燃料
数週間前にNHKで、藻からバイオエタノールを作り出す番組が放映されていて、
実現が近いようなことでしめくくられていた。
途中から見たので、全貌がわからなかったし、本当かよ?って感じだった。
数日前、朝日の記事で「海藻からバイオエタノール、日本海で生産構想」の記事が出ていた。
バイオエタノールとは、さとうきび、とうもろこしから生産されるエタノールで、
石油に代わる次世代エネルギーとして期待されている燃料だ。
枯渇しない再生可能資源として注目されている。
しかし、ここに来て原料となる穀物の高騰が問題となってきていたが、
ほとんど食用にならない
藻(ホンダワラ類)から作り出せる可能性が出てきた。
ものすごい朗報だ。
実現すれば石油に代わる新しいエネルギーが藻から作り出せることになる。
ノーベル賞どころか人類の歴史そのものを根本から変える大発明だ!
一方で、24日、英国ヴァージンアトランティック航空がバイオ燃料で大型旅客機の試験飛行
を実施、ロンドンヒースロー空港からアムステルダムスキルポール空港まで、バイオ燃料で
テスト飛行をやったらしい。(但し4機のエンジン中1機だけがバイオで稼動・・・・・・・・・・・
そりゃそうだわな、失敗したら、えらいことになる)


GEやボーイングも実用化を目指して、バイオ燃料用のエンジン開発を進めているそうだ。
着実に世界規模でダイナミックに動いていることは確かだ。
ただ環境への影響度の検証は未だ充分じゃないそうだ。
堺屋太一の小説「油断」から30年、一日も早く第2のエネルギー元年が訪れることを願いたいものだ。

e0143416_204959.jpg

[PR]
# by ll23910 | 2008-02-28 20:54 | Trackback | Comments(0)