宮根誠司が小池百合子都知事を「ババァ」扱い



e0143416_6221095.jpg日本テレビ「情報ライブ ミヤネ屋」で司会の宮根誠司(53)が、小池百合子都知事を「ババァ」と言ったそうです。
正確には「だってババァじゃん」と発言したようです。

この司会者、最低ですね。
こんなんじゃ、出演させない方がよいと思います。
芸能人として、いやぁ、人として失格です。
こいつは関西出の司会者で、嫌いなアナウンサー調査ではいつも独走しているらしいですね。

以前「大年増の厚化粧」と選挙活動中に小池女史を罵倒したあのジジイも証人喚問で呼び出されるようです。
まあ、ジジイは何らかの理由をつけて、まず出てこないと思っていましたが、直近ではでてくるようなことをのたまわっているようです・・・・。
どこまで真実が明らかになるのか・・・・・?

小池都知事の活躍に期待する1都民です
[PR]
# by ll23910 | 2017-02-09 06:22 | Trackback | Comments(4)
受動喫煙対策法案、飲食店は原則禁煙で小規模バーは例外?


2020年の東京五輪・パラリンピックに向け、政府が検討している受動喫煙対策を強化する法案の概要が報道されました。

焦点の飲食店は原則建物内禁煙とするが、延べ床面積が約30平方メートル以下の小規模店で、
主に酒を提供するバーなどは例外とするという案だそうです。
e0143416_711516.jpg

なんで例外を作る必要があるのでしょうか?
受動喫煙で健康を害することが証明されている今、何故喫煙を認める必要があるのでしょう?
これでは飲食店はすべて原則禁煙とした当初の「たたき台」から後退していることになります。

昨日も女房と外食した際、カウンターで鍋をつっついていたら、隣に来た客が煙草を吸い始めました。
食事の際に、隣で煙草を吸われ、煙が流れてくるってとても耐えられません。
おいしい食事が一気に不愉快になります。

そもそもたばこ問題については、腹が立ちますね・・・・・文句を言いたいです。
有害物質である煙草の生産・販売を認めていること自体が問題です。
食品に虫一匹が入っているだけで何十万・何百万もの商品をリコール・回収しているのに、有害物質を平気で販売させている現状はいったいなんでしょう。

歩きたばこやコンビニの周りでも、煙草の匂いをかぐことのない生活を早くしたいですね。
[PR]
# by ll23910 | 2017-02-08 07:13 | Trackback | Comments(2)
千代田区長選挙の結果



e0143416_712878.jpg

小池都知事、千代田区長選完勝でした。
午後8時、開票開始の瞬間にテレビで小池都知事が支援する現職の石川雅己氏(75)の当選確実が報じられました。

7月の都議選の前哨戦として注目された千代田区長選です。
対立候補の自民推薦与謝野氏にトリプルスコアの差をつけて完勝です。

小池氏と“都議会自民党のドン”内田茂氏(77)の代理戦争といわれていましたが、これで小池氏陣営は都議選に弾みがつきました。
いやいや都議選だけではなく小池氏の支持率たるや、きっとすごいのではないでしょうか。
一方、自民党都議は「このままでは惨敗」間違いなしの状況に追い込まれたことになります。

注目すべきは区長選の投票率が、11%上がったことです。
区民の多くが気づいたのでしょう・・・・・このままではいけないって・・・・・・。
築地市場の移転問題、東京オリンピック問題、そこに絡む金の問題、限りなくグレイな石原と都議会自民党、極めつけは米国トランプの反面教師も影響したと思います。
[PR]
# by ll23910 | 2017-02-06 07:02 | Trackback | Comments(2)
米大統領令差し止め 入国禁止が解除



すずのアップを・・・・・・・
e0143416_923987.jpg


イラン、イラク、リビア、ソマリア、スーダン、シリア、イエメンの7カ国からの入国を一時禁止する大統領令が解除されました。
ワシントン州シアトルの連邦地裁が3日、一時差し止めを命じる仮処分の決定を出し、この命令は全米に適用され即時効力が及びます。

連邦地裁の差し止め命令を受け米国務省は4日声明を出し、約6万人に上る7カ国出身者の査証(ビザ)取り消しを撤回し、有効なビザを所持していれば入国を認めるとしました。
これにより各航空会社も米当局からの通知を受け、入国禁止となっていた乗客の搭乗を再開したそうです。

面白いですね・・・・・大統領令でも連邦地裁の判決で覆るんですね。
大統領権限の及ぶ範囲はものすごく広範囲だと思っていましたが、こんなこともあるんですね。
トランプ政権は決定を不服として争う姿勢を示しているそうです。
[PR]
# by ll23910 | 2017-02-05 09:25 | Trackback | Comments(0)
注目されるトランプさんの発言とマスコミ




ここのところマスコミ報道でトランプさんが登場しない日はありません。
それくらい注目度と影響力が大きいと言うことでしょう。
e0143416_11241893.jpg


報道を見ていて思うのは、これまでのアメリカの報道は全て大統領がしゃべったことがメディア経由で報道されていましたが、トランプさんになってからは本人がツイッターに書き込んだ物が、直に文字で世に出て来るようになったことです。
即ち、マスコミのフィルターを一切通らず大統領の考えが直で国民や世界中に伝わっていると言うことです。
トランプさんはメディアに恣意的な編集や悪意ある報道をさせないよう、直に国民や世界に自分の考えを発信していることになります。

すごい時代になりました。
アメリカ大統領の考えがほぼリアルタイムで全世界に広がると言うことです
でも逆に言えば、それだけツイッターでうかつな発言はできないし、注意が必要だということでしょう。

2010年12月17日に起こった1人の若者の自殺がジャスミン革命の引き金になりました。
革命という大きな動きになった原動力は、若者のツイッターでのつぶやきでした。

トランプはマスコミに対し、つけ入る隙を与えたくないのでしょう。
大統領選で大きく読みを外したアメリカのマスコミは世間から笑われましたが、また一つ新しい試練が出てきたようです。
[PR]
# by ll23910 | 2017-02-03 11:26 | Trackback | Comments(2)