稲田防衛大臣


e0143416_614042.jpg稲田防衛大臣、この人がニュースの記事になる時って、不思議なくらい必ずトラブルですね。
今、旬な話題の森友学園にも、突然登場してきました。

いちばんひどかったのは、「南スーダンでは殺傷行為はあったけど、憲法9条に引っかかるから“戦闘行為”ではなく“衝突”と言ってきた」発言です。
民進党の蓮舫には、泣かされるし・・・・・。

器じゃないような気がします。

個人的な印象ですが、答弁は下手、ファッションセンスは悪いし、さらに眼鏡の奥にツケマ、とてもいただけません。
[PR]
# by ll23910 | 2017-03-15 06:18 | Trackback | Comments(2)
韓国史上初の大統領罷免




e0143416_940655.png韓国では、朴槿恵(パク・クネ)が重大な法違反を犯したとして、裁判官全員一致で大統領を罷免しました。
国のトップが罷免されるって、ものすごいことです。
要はトップがクビですからね。

韓国憲法裁判所は10日、裁判官8人全員の賛成で朴槿恵大統領の罷免を認める決定を言い渡しました。
現職大統領の弾劾審判は2004年の盧武鉉(ノ・ムヒョン)氏以来2回目ですが、罷免されるのはさすがに韓国史上初めてだそうです。

親友の崔順実(チェ・スンシル)被告の国政介入を認め、大統領の権限を乱用したことが罷免理由の決定打のようです。
14年の旅客船「セウォル号」沈没事故当日の朴氏の動静がはっきりしない「空白の7時間」疑惑は、詳しいことは解りませんが、あまり関係ないらしいです。

日本批判をすることでしか国をまとめられなかったバアさんが、ついにクビになりました。
韓国はこの先どうなるんでしょう?
お隣さんが家の中で騒動が起きていて、それに巻き込まれたくはないですよね。
[PR]
# by ll23910 | 2017-03-11 09:42 | Trackback | Comments(2)
石原慎太郎の記者会見



e0143416_14534252.jpg3/3(金)帰宅して、一時間ちょっと石原慎太郎の記者会見の録画を見ました。

石原も、なんかもう------終わった感じですね。
爺さん特有のちょっとづつ歩きで、とても往年の格好よさは見る影もなしという印象でした。
会見の内容も「座して死を待つつもりはない」なんて言いながら出てきた割には、たいしたことは言わなかったように思います。

豊洲移転については、「私は当時の最高責任者として承諾した。行政の責任は裁可した最高責任者にある。これを私は認める」と自らの責任を認めたが、「最後に裁可した私一人の責任というよりも、行政全体に責任がある」とも強調。
そして現在の混乱の責任は、あくまで現都知事の小池百合子氏にあると主張しました。

「こういった問題は司(つかさ)、司で知恵を出して決めていく。その総意として挙がってきたものを私は認可した」などとも説明。
この「自分には専門性がないので専門家に従うしかない」という主張はその後も繰り返し登場し、司会を務めた読売新聞特別編集委員の橋本氏から「だったら何のために知事はいるんですか?」とツッコまれる場面もありましたね。
トップの権限と責任は何だと問いたいですね。

それにしきりに豊洲は安全だと何度も言っていたが、何をもって安全と言い切っているのか?これも不明でした。
[PR]
# by ll23910 | 2017-03-04 14:54 | Trackback | Comments(2)
都議会自民党の豹変


おやつが欲しくて、待ちの姿勢です。
e0143416_6261037.jpg

都議会自民党が豹変しました。
恥ずかしげもなく、よくそんなにコロッと変われるなぁと言う印象です。
前回定例会ではアンチ小池で質問内容を事前に伝えず、質問をたたみかけた非常識なやり方をした都議会自民党が、前回定例会とは打って変わった代表質問だったようです。

「私たちの主張を的確に取り入れていただいた。項目は枚挙にいとまがない」「知事の『都民ファースト』と、都議会自民党が自負する『都民の与党』の意味合いに、それほど違いがあると思えない」自民の高木啓幹事長は平成29年度予算案に関連し、小池氏への賛辞や共感の言葉を惜しまなかった。
産経新聞記事の引用です。

都議会自民党は、よくもまあ恥ずかしげもなく、こんなゴマが擦れますね。
笑えちゃいます。

いつまでも対立姿勢を続けていると、流れからして自民党の立場がますます、どんどん悪くなるので、方向転換をしたことは見え見えです。
ドン内田の退職もベクトルとして働いているのかもしれません。
[PR]
# by ll23910 | 2017-03-02 06:27 | Trackback | Comments(2)
厚労省が最終調整  居酒屋禁煙 小規模店も…



e0143416_18442413.jpg厚生労働省は非喫煙者が煙草の煙を吸い込む「受動喫煙」対策に関し、すべての居酒屋や焼き鳥屋は建物内を禁煙とする方向で最終調整に入ったそうです。
家族連れや外国人客の利用に配慮し、小規模店舗の例外を認めない方針です。

ここまでは良いのですが、例外があります。
私はこの例が気に食わないのですが。

飲食店内は原則禁煙(喫煙室は設置可)とする一方、客離れを懸念する飲食業界などからの反発を踏まえ、一部の小規模店舗は例外とすることを検討していると言いいます。
小規模店舗のうち、主に酒類を提供するバーやスナックは店頭に「喫煙可能」と表示することなどを条件に、例外とする方向だそうです。

結果的に小型店は喫煙可能の表示を出せば、受動喫煙を認めることになります。煙草の煙が嫌な人はその表示を見て、その店には入るなと言うことでしょう。
これで小型店は喫煙可の店と禁煙の店の二通りに分かれると言うことです。
[PR]
# by ll23910 | 2017-02-27 18:46 | Trackback | Comments(2)