石原慎太郎の記者会見



e0143416_14534252.jpg3/3(金)帰宅して、一時間ちょっと石原慎太郎の記者会見の録画を見ました。

石原も、なんかもう------終わった感じですね。
爺さん特有のちょっとづつ歩きで、とても往年の格好よさは見る影もなしという印象でした。
会見の内容も「座して死を待つつもりはない」なんて言いながら出てきた割には、たいしたことは言わなかったように思います。

豊洲移転については、「私は当時の最高責任者として承諾した。行政の責任は裁可した最高責任者にある。これを私は認める」と自らの責任を認めたが、「最後に裁可した私一人の責任というよりも、行政全体に責任がある」とも強調。
そして現在の混乱の責任は、あくまで現都知事の小池百合子氏にあると主張しました。

「こういった問題は司(つかさ)、司で知恵を出して決めていく。その総意として挙がってきたものを私は認可した」などとも説明。
この「自分には専門性がないので専門家に従うしかない」という主張はその後も繰り返し登場し、司会を務めた読売新聞特別編集委員の橋本氏から「だったら何のために知事はいるんですか?」とツッコまれる場面もありましたね。
トップの権限と責任は何だと問いたいですね。

それにしきりに豊洲は安全だと何度も言っていたが、何をもって安全と言い切っているのか?これも不明でした。
[PR]
# by ll23910 | 2017-03-04 14:54 | Trackback | Comments(2)
都議会自民党の豹変


おやつが欲しくて、待ちの姿勢です。
e0143416_6261037.jpg

都議会自民党が豹変しました。
恥ずかしげもなく、よくそんなにコロッと変われるなぁと言う印象です。
前回定例会ではアンチ小池で質問内容を事前に伝えず、質問をたたみかけた非常識なやり方をした都議会自民党が、前回定例会とは打って変わった代表質問だったようです。

「私たちの主張を的確に取り入れていただいた。項目は枚挙にいとまがない」「知事の『都民ファースト』と、都議会自民党が自負する『都民の与党』の意味合いに、それほど違いがあると思えない」自民の高木啓幹事長は平成29年度予算案に関連し、小池氏への賛辞や共感の言葉を惜しまなかった。
産経新聞記事の引用です。

都議会自民党は、よくもまあ恥ずかしげもなく、こんなゴマが擦れますね。
笑えちゃいます。

いつまでも対立姿勢を続けていると、流れからして自民党の立場がますます、どんどん悪くなるので、方向転換をしたことは見え見えです。
ドン内田の退職もベクトルとして働いているのかもしれません。
[PR]
# by ll23910 | 2017-03-02 06:27 | Trackback | Comments(2)
厚労省が最終調整  居酒屋禁煙 小規模店も…



e0143416_18442413.jpg厚生労働省は非喫煙者が煙草の煙を吸い込む「受動喫煙」対策に関し、すべての居酒屋や焼き鳥屋は建物内を禁煙とする方向で最終調整に入ったそうです。
家族連れや外国人客の利用に配慮し、小規模店舗の例外を認めない方針です。

ここまでは良いのですが、例外があります。
私はこの例が気に食わないのですが。

飲食店内は原則禁煙(喫煙室は設置可)とする一方、客離れを懸念する飲食業界などからの反発を踏まえ、一部の小規模店舗は例外とすることを検討していると言いいます。
小規模店舗のうち、主に酒類を提供するバーやスナックは店頭に「喫煙可能」と表示することなどを条件に、例外とする方向だそうです。

結果的に小型店は喫煙可能の表示を出せば、受動喫煙を認めることになります。煙草の煙が嫌な人はその表示を見て、その店には入るなと言うことでしょう。
これで小型店は喫煙可の店と禁煙の店の二通りに分かれると言うことです。
[PR]
# by ll23910 | 2017-02-27 18:46 | Trackback | Comments(2)
ビートたけし、著書『テレビじゃ言えない』





e0143416_647073.jpgたけしの著書『テレビじゃ言えない』、その中に「ネットとスマホに関する強烈な批判」があるそうです。
過度なネット依存への問題提起です。

以下その引用です。
オイラも、実はスマホを使わないワケじゃない。
カメラ代わりに写真を撮ったり、思いついたネタやアイディアをメモしたりすることもある。
だけど、アレに一日中かじりついてるってのは正気じゃない。
本当に大事にしなきゃいけない自分の時間を奪われてるってことに気がつかなきゃいけない。

「女子高生が1日7時間スマホをやってる」なんて調査もあった。
その代わり、本や雑誌を読まなくなったし、テレビも見なくなったと言われてる。

コミュニケーションやエンターテインメントのツールとしてスマホが役に立ってるのは認めるけど、
かといって「ネットで調べればいいから知識はいらない。要はネットを使いこなす頭脳だ」みたいな風潮は絶対おかしいね。

映画を作ったり、芸術作品を作ったりするときには、かなり専門的で深い知識と理解が求められることがある。
だからオイラも調べ物をすることがある。
だけど、そんな時にネットで調べても、本当に知りたいと思う情報はほとんど出てこない。
適当に聞きかじった噂や、間違った情報は論外。
正しい情報だとしても、ネットで見つかるのはどこかの雑誌や新聞の引用、いわゆる又聞きばかりで、その「奥」まで到達しない。
本当の意味で「調べる」ということは、専門書を読んだり、その道の権威に話を聞いたりして、「ネットに出ていないくらい深い内容を掘り下げること」なんだよ。

「ネットがあれば何でもできる」と思ってる世代は、「世の中にはネットに書かれていないもっと深い世界がある」ということに思いが至らない。
それが弱点なんだよ。
そのことに気づいていればいいんだけど、そうじゃない気がするね。

いいこと言ってますよね。
その通りだと思います。
「ネットがあれば何でもできる」と思っている世代は、「世の中にはネットに書かれていないもっと深い世界がある」ということに思いが至らない。
とても便利な文明の利器だけど、使い方を間違えている若者たちがいるんじゃないのって言ってます。
まさにそれが問題だと、真髄をついた指摘だと思います。
[PR]
# by ll23910 | 2017-02-25 06:47 | Trackback | Comments(2)
民進党の後藤祐一衆院議員 早くなんとかしないと・・・・・。

この男、どうしようもないですよ。
泥酔した揚句、タクシー運転手に、「釣り銭受け取る法的根拠は何か!」と難癖つけて、警察沙汰をおこしたと思ったら・・・・・、今度はパワハラです。
泥酔事件では安住から一年間、禁酒せいとの罰を命じられたそうですが、結果あまり効き目はなったようです。
今回のパワハラは、自衛隊の日報問題を説明するため訪れた防衛省の女性官僚に声を荒らげて、「上司に言ってお前の人事評価を下げてやる」などと発言、女性官僚がその場で涙を流していたそうで、防衛省からコイツに抗議し、コイツは謝罪したそうです。
全く何をしでかすか、わかりません。
東大法学部卒47歳、天下の東大法学部が泣きますね。

ネットで民進党本部って検索すると写真が出てきました。
よくよく見ると看板が民主党のままになっています。
どうなっているのでしょう?
看板を替えてないのか?それともHPを替えてないのか?
まあどっちにしても弛んでますが。

e0143416_6433490.jpg民進党議員って不祥事だらけです。
平成27年安保関連法案の特別委員会採決の際、当時の民主党の津田弥太郎参院議員(すでに政界引退)は、自民党の女性議員を投げ飛ばしました。
直後に取材した同僚の記者に対し、津田氏は「関係ない」と説明を拒んだあげく、記者のICレコーダーを指して「余計なもの出すな」とまで言ってのけました。

昨年3月に多額のガソリン代計上などの政治資金問題が表面化した民進党の山尾志桜里前政調会長は、「元公設秘書が不適切な処理をした可能性が高い」と言い張って堂々と続投を宣言し、その後8カ月以上、詳細な説明を避け続けています。

蓮舫も「二重国籍」問題で説明を二転三転させた末、いまだに戸籍謄本の開示を拒んでいます。
蓮舫が昨年12月の党首討論で言い放った次の一言は、民進党の体質そのものです。
 「答えない力、逃げる力、ごまかす力。まさに神ってる!」

民進党綱領にはこんなことが書いてあります。
我が党は、「生活者」「納税者」「消費者」「働く者」の立場に立つ
未来・次世代への責任を果たし、既得権や癒着の構造と闘う、国民とともに進む改革政党である。
正義と公正を貫き、個人の自立を尊重しつつ、同時に弱い立場に置かれた人々とともに歩む。
完全に言行不一致です。
[PR]
# by ll23910 | 2017-02-22 06:42 | Trackback | Comments(2)