<   2013年 11月 ( 18 )   > この月の画像一覧
ジーンズのEDWINが危機








e0143416_713223.gifジーンズのEDWINがグループ会社28社のうち金融債務のある17社について事業再生ADR手続きを申請しました。

事業再生ADRとは、経営危機に至った企業が、民事再生法や会社更生法の申し立てによる法的手続きの代わりに、
中立な第三者機関であるADR事業者の手によって、
債権者・債務者間の話し合いをもとに自主的な整理手続きによって問題解決を図ることです。
たしか認定第1号は日本航空のはずです。
申請を受理したことで、JALは企業再生支援機構の支援決定までに金融機関への支払いを一時停止することができた訳です。

私の世代はEDWINがジーンズの代表だったような気がします。
まさかあのEDWINがこうなるとは・・・・・。
ファストファッションに押されたんですかね。

江戸で勝つ(win)ということでエドウインという名前でしたが、江戸で負けた(lost)でエドロストにならないように、頑張って欲しいものです。
[PR]
by ll23910 | 2013-11-29 07:01 | Trackback | Comments(4)
かしこいクマの話



好物のハチミツを手にして、まんまと仕掛けられたワナを脱出したクマがいるそうです。
なんともかしこい・かわいいクマのニュースです。

四国山地に生息するツキノワグマが、ワナの中に置かれたハチミツをまんまと盗み食いしました。
その様子が無人カメラに写っていたそうです。
四国自然史科学研究センターが生態調査用に設置したワナで、
このクマは過去に2度引っ掛かっており、捕まらないコツを学習したそうです。
クマは推定16歳のオスで全長約1・5メートル。「ゴンタ」と名付けられています。

e0143416_20484819.jpgワナはドラム缶2本をつないだ構造で、一番奥に置かれたハチミツ入り容器を引っ張ると、
入り口の鉄製扉が閉まる仕組みです。
ゴンタの盗み食いの手口は写真にとられていました。
〈1〉入り口から腹ばいになって侵入、体を伸ばし、扉が落下しても閉じ込められないよう後ろ脚を外側に残す
〈2〉ハチミツ入り容器を手に入れると、後ろ脚に落下した扉を、後ずさりしながら持ち上げて脱出。
頭を抜く時に左の前脚で扉を押さえている
〈3〉脱出後、ハチミツを持ち去る――様子が写っていた。

今後はクマの体がすっぽり入るドラム缶3本分のワナを作るそうです。
クマの足が届かない長さにするみたいです。

それで捕まった後、どうなるかも楽しみですね。
更に学習能力が高まって、予想外の行動に出て次に捕まらないようになったらもっと面白いですね。

それにしても第一ステージでの、このクマの学習能力はすごいですね。
第二ステージでも更に高い能力を発揮してほしいです。
我が家の”すず”もかなりかしこいですが、エサを見ると一目散で、
後ろ足を伸ばして罠をかいくぐるなんてことは、絶対無理だろうと思います。
なんとも微笑ましい話です。
[PR]
by ll23910 | 2013-11-27 20:50 | Trackback | Comments(2)
夫のランチ代 ワンコイン以下








明治安田生命が ”いい夫婦の日”にちなんで実施した調査で、こんな結果が出たそうです。
既婚男性がランチにかけるお金は、「ワンコイン」の500円以下――。
なんとも男性諸氏にとっては悲惨な結果です。
「アベノミクス」で株価は上がり、企業の利益は増えていますが、
我々庶民にはその恩恵が還元されていないということでしょう。

男性の平日のランチ代は平均437円で、前年調査より98円減。
金額別では、自ら弁当を持参するとみられる「0円」が30%で最も多く、「500円台」が25・6%で続く。
弁当派を除いても、500円台がトップとは寂しい限りです。

一方、既婚女性の平均は、男性の1・8倍の778円。
「1千円~1500円未満」が35・5%で最も多く、続いて「0円」が18・4%でした。

「妻はたまのランチでちょっとしたぜいたくを楽しんでいるのではないか」と明治安田生命は分析していますが・・・・・。
旦那が500円以下で、妻は贅沢なランチとは、何とも男からすると浮かばれない話です。

    昼食は 妻はセレブで 俺セルフ・・・・・・冗談じゃないぜ!!
e0143416_7591551.jpg

[PR]
by ll23910 | 2013-11-24 08:01 | Trackback | Comments(4)
猪瀬都知事の先行き






e0143416_829373.jpg23日(土)、とても気持ちの良い朝です。
朝日がまぶしく、部屋に差し込んできています。
窓を開けると寒いけど、閉めているとポカポカしてとてもユッタリした気持ちになれます。

猪瀬都知事が5000万で騒がれています。
マスコミが喜んで飛びつくネタですね。
でも今の東京は5000万で騒いでいる場合ではなく、とても大事な時期です。
オリンピックの準備、消費税対応、インフラ造りなど数えたらきりがありません。
アクセルをぐっと踏み込まなければならない今のタイミングに、
猪瀬都知事には5000万で失脚しないでほしいものです。
早く皆が納得する説明をして、幕引きをして欲しいですね。
[PR]
by ll23910 | 2013-11-23 08:30 | Trackback | Comments(2)
ニューヨーク市長、たばこ1箱「最低1050円」 条例案に署名






若い時の三船ってこんなにカッコよかったんですね。
タバコが似合っています。
私は歳をとった三船しか知りませんが、今は娘さんが活躍していますよね。
e0143416_6561913.jpg





ニューヨーク市長がたばこ1箱の最低販売価格を10.5ドル(約1050円)とする条例案に署名したそうです。
これで、一箱1000円のたばこが出廻る訳ですね。
画期的です。

日本と違いアメリカでは同じたばこでも州ごとに値段が違うでしょうから、
他の安い州からネットで買う人たちがきっと出ることでしょう。

私も以前は喫煙者、吸う人の権利を認めろよと思っていましたが、今はやめてから約10年経ちました。
今では煙が嫌で嫌で、臭いも嫌で嫌で・・・・・・、嫌でしようがありません。
人間って勝手なものですね。

それにしても一箱 1050円 NY市長には拍手・拍手です。
[PR]
by ll23910 | 2013-11-21 06:57 | Trackback | Comments(6)
衛生管理なってない?路上弁当販売を東京都が規制へ






羽田空港そばの”浮島”です。首都高が走っていて空港系の施設があります。
浮島と言うくらいだから、きっと埋め立て地なんでしょうね。
e0143416_70236.jpg




ビジネス街のランチ難民に重宝されてきた路上の弁当販売を巡り、東京都が規制を検討しているようです。
オフィス街での弁当の移動販売、衛生管理が不十分な上、無届けで販売する業者も横行し、食中毒も懸念されるためだそうです。
販売のあり方を審議してきた都食品安全審議会は、都条例の改正など、衛生面での強化策を盛り込んだ中間報告をまとめる。

弁当の路上販売は、都食品製造業等取締条例で「行商」に分類され、保健所に届け出れば誰でも営業出来る。
都内での届け出業者は2002年には265件だったのが、12年は542件に急増。
都心でオフィスビル建設が進み、ランチ需要が増える一方、
ビルのセキュリティーが厳しくなって仕出し屋が自由に出入りできなくなったことが背景にあるという。

増加に伴い、トラブルも増えてきた。
都が今夏、都心の路上で営業する260業者を対象に行った調査では、2割近くが無届けだった。
また、弁当95食を抽出調査したところ、4割から都の基準を超える細菌が検出されるなど
衛生面でも問題があることが判明。
運搬時に保冷剤を入れるなどの温度管理を行っていない業者も3割あった。

届け出件数がこれだけ増えていれば、無届けを含めれば、実際の販売者数はものすごい増え方ですね。
私が昔、台湾にい時は、”屋根がない店の食品は買うな”と現地の人に教えられていました。
要は移動式の販売では何を売ろうが、食中毒を出そうが同じ場所にその業者が出なければ、責任を問えないと言うことです。
細菌の検出、保冷をしていない流通や販売、都の弁当販売業者も全く同じです。
これは、買わないほうが賢明ですね。
[PR]
by ll23910 | 2013-11-20 07:02 | Trackback | Comments(4)
世の中の周期説







以前遊びに行っていた三浦海岸です。
ウインドサーフィンをやめてから一回も海に行っていませんが、たまに懐かしくなります。
e0143416_21311967.jpg




世の中では、何故か同じような間隔で似たようなことが起きることがあります。
私が知っているのは、企業の寿命30年説だけでしたが、それ以外にもいろいろあるようです。

経済学では主に10年周期です。
10年の設備投資のジュグラー
20年の建築のクズネッツ
50年の技術革新のコンドラチェフ
という波。でもこれは難しすぎて正直よくわかりません。

歴史ではこれが21年ごとになります。
1868年明治維新→1989年大日本帝国憲法発布
1889年→1910韓国併合と大逆事件
1910年→1931年満州事変
1931年→1952年サンフランシスコ条約発効
1952年→1973年石油危機
1973年→1994年消費税導入法案決定
1994年→2015年  ?

オリンピック開催後、9年後に何かが起きています。
1936年ベルリン大会→1945年第二次世界大戦でドイツが降伏
1964年東京大会→1973年石油危機・高度成長の終焉
1980年モスクワ大会→1989年ベルリンの壁崩壊
1988年ソウル大会→1997年アジア通貨危機
2004年アテネ大会→9年を待たず2010年にギリシャ危機
2008年北京大会→2017年?

9年後に何かが起きる?
ギリシャは9年もちませんでした。
中国も9年もたないかもしれませんね。
[PR]
by ll23910 | 2013-11-18 21:33 | Trackback | Comments(2)
世界の新車販売台数の4分の1が中国で売れています






数年前に行った上海です。
e0143416_7221280.jpg











この先、ノビシロは充分にあるように思います。
e0143416_722223.jpg




世界の新車販売台数は、13年通年で8000万台を超える見込みで、そのうち中国の新車販売台数が約2100万台。
ほぼ世界中の新車販売台数の4分の1を中国が占めるそうです。

すごいですね。ものすごいマーケットです。
これまでは上海や広州といった沿岸部の消費者が主な購入層でしたが、都市化が進む内陸部でも新車需要が拡大しているそうです。

また自動車保有台数で、中国は2012年で1億2000万台を超えました。
米国は2億5000万台、日本は7900万台。
それでも中国の人口に占める自動車の保有割合は1割未満。
日米欧の普及率が6~8割であることを考えれば今後の伸びしろは充分大きい事になります。
世界中の自動車会社が注目するのも頷けます。
この先2020年にかけて、年間3000万台市場に成長するのではないかと見られています。

ところで気になる大気汚染は大丈夫ですかね?
ガソリンの無鉛化?等品質を考えないと・・・・ 環境を考えた車しか販売しないとか??
何か手を打たないとこのままの自然体では、PM数値は更に悪化の一途じゃないですか?
[PR]
by ll23910 | 2013-11-16 07:25 | Trackback | Comments(4)
札幌出張








4年ぶりに札幌へ行ってきました。

昔は、半年一回全国廻りをしていましたが、転職して今はすっかりご無沙汰です。
久々の泊り出張で、行き先が札幌、最もほぼとんぼ帰りでしたが・・・・。

流石札幌、外へ出たら空気の冷たいこと。
会議で部屋の中にいる分には東京と変わりませんが、一歩外へ出ると”そりゃ寒いわ”
現地は0~1℃の気温です。
寒いはずです。

e0143416_21123689.jpg懇親会は札幌ビール園でした。
ビールがおいしかった!かなり感激。
あんなにおいしいビールを飲んだのは、生まれて初めてです。本当、オーバーではありません。
毎晩飲んでるビールは何なんだ?というくらいです。

ジンギスカンもおいしかった。
固いだろうなと想像していた羊の肉は予想を覆してとても柔らか。
ついでにカニも出てきましたが、おいしかった・・・・・。
案内してくれた現地の方からは、羊肉はレアで食べる方がおいしいと進められましたが。
でも私はレアは勘弁です。

一泊二日の弾丸出張ですが、なかなかおいしいツアーでした。
[PR]
by ll23910 | 2013-11-14 21:16 | Trackback | Comments(2)
中国、政策否定の報道禁止 党中央が統制強化






モンステラにツルが巻きついています。
e0143416_73844.jpg












e0143416_733568.jpg




これって、又かって思うけど、内容的にはものすごいニュースだと思うのですが・・・・・・。

中国共産党中央宣伝部が、3中総会(9日開幕の第18期中央委員会第3回総会)に合わせ、
習近平指導部の評価や、会議で示される改革政策を否定的に報じないよう求める内部通知を出したことが9日、分かった。
中国メディア関係者が明らかにした。
内部通知は、会議の開催中、山西省で6日に起きた連続爆破のような突発事件や大衆の大規模な抗議活動が発生しても
「上部機関の指示に従い、報道合戦をしてはいけない」とも強調した。
関係者によると通知は8日に出された。
党の方針を批判する論評などの掲載を禁止したほか、経済・行政改革に否定的なインターネット上の文章にくみしないよう要求。
また社会のマイナス面に関する報道をできるだけ抑え、特に社会問題を習氏や李克強首相と関連づけないよう指示。
習氏や李氏ら党最高指導部の政治局常務委員7人に関する報道を周到に行うよう求め、通知に違反すれば「厳罰に処する」としているという。

いよいよ末期的症状を呈してきましたね。
自分達の地位を保全するために統制を強化するけど、すればするほど人民の心はますます離れて行く。
現体制の崩壊こそが中国13億人を救う道になるのかもしれません。

そもそも13億人を律する国が、一国一制度では無理なんですよ。
収入と土地を取り上げられたウイグルの人達がテロに走ッたのは、そこが原因でしょう。
アメリカは一国51制度です。
中国共産党の幹部だけが良い思いをしようとしても、無理ですよね。
薄熙来事件はそのへんじゃないでしょうか。
ネットやツイッターがない時代ならそれでもよかったかもしれないですが、世界中が情報で繋がれた今では情報操作はもう無理です。
[PR]
by ll23910 | 2013-11-13 07:05 | Trackback | Comments(2)