<   2011年 01月 ( 23 )   > この月の画像一覧
アジアカップ 日本優勝









e0143416_854920.jpg家族が寝静まっている中、夜中に一人で興奮していました。
最後まで完見しました。
長友選手のセンタリングを李選手があざやかなボレーシュート。
オーストラリアのネットに突き刺さりました。

眠たい目でベッドに横になって見ていたのが、
急にスイッチが入ったかのように、思わず立ちあがってしまいました。
途中何度もひやひやする場面もありましたが、本当に勝ってよかった。

アジアカップでの日本チームには本当に楽しませてもらいました。
ザッケローニ監督の「最高の勝利です。最高のチームです。」
というのも共感できます。
おかげで、寝たのは3時。
試合が土曜日の夜中でよかったです。
平日なら、今日は仕事にならないもん!!
[PR]
by ll23910 | 2011-01-30 08:07 | Trackback | Comments(2)
鳥インフルエンザと新型インフルエンザ









e0143416_7284444.jpg




鳥インフルエンザの感染が宮崎、愛知と相次いで出てきています。
養鶏場の鳥が何万羽、何十万羽単位で殺処分されるようです。
鳥も災難ですね。

ところで昨年の冬、あれだけ騒いだ新型インフルエンザは随分下火になりましたね。
新型インフルエンザへの感染が確認されたら、学級閉鎖をはじめとし、会社への出勤は禁止、
家族の感染でも自宅待機と、パンデミックを恐れて閉じ込める作戦を展開していました。

宇宙服を着てボンベをしょった職員が飛行機に乗り込んで消毒していた報道は、
どう見ても滑稽で舛添さんの指示が世界から笑われていたことを思い出します。


それで、鳥インフルより直接我々に近い新型インフル、今年はどうするのかなと思ったら、
去年の8月に厚生労働省から通達が出ていて、
新型インフルエンザの取扱いを季節型インフルエンザ(従来型)
と同じにするという主旨のおふれが出ていました。
要するに新型インフルは去年は特別扱いしたけど、今年からは普通のインフルの扱いにする、
要は格下げされたということですね。

あまり報道されていません。
みなさん御存知でしたか?















 
[PR]
by ll23910 | 2011-01-28 07:29 | Trackback | Comments(2)
田辺三菱製薬の悪行








e0143416_7161178.jpg



これはとても許されることではありません。
子会社が注射薬の試験を怠った問題を受けて記者会見した田辺三菱製薬の土屋裕弘社長は
「信頼回復の途上で起きた問題で、極めて残念」
と謝罪を繰り返した。

言葉として「残念」は適切ではないと私は思います。
重大な問題を起こした会社の社長の発言として、「残念」ではないだろうと思います。


別の子会社による試験データ改ざんで業務停止処分を受けてからわずか1年。
薬品安全に関わる再度の不正発覚。
会社ぐるみか、個人のスタンドプレイか? 発覚は内部告発?
そのあたりもはっきりしてほしいものです。

とても許される行為じゃありません。
前科あり、執行猶予中に再犯、とても許せるものではありません。
人の命にかかわる薬品屋さんとしては潔く退場すべきです。
[PR]
by ll23910 | 2011-01-27 07:18 | Trackback | Comments(4)
日本 韓国に勝った!!









e0143416_7354413.jpg勝ちましたね!!!
興奮しました。本当に興奮しました。
良かったです。
文字ではうまく表現できませんが非常に良い戦いだったと思います。
韓国もすばらしいチームでしたが、日本がそれを上廻りました。

攻守で光ったのは、私は長友選手だと思います。
素晴らしい動き、大活躍です。
最後のPK戦もしびれましたね。
川島選手はカタール戦のリベンジができました。

日本チームが一つずつ確実に成長してきた感があります。
確実に強くなって来ていると思います。
この調子で行けば、優勝でしょう。


今日は言うまでもなく寝不足です。
私は普段、11時就寝の人です。
12時半で寝られると思っていたのに、1時を過ぎてしまいました。
[PR]
by ll23910 | 2011-01-26 07:36 | Trackback | Comments(2)
変わったオヤジ







我が家のサボテンです。 この寒さも、ものともしません。
e0143416_717596.jpg




昨日の出勤時、変わったオヤジを見た。
ビルの1Fが通り抜けの通路になっていて、向こうへ向かう人と、向こうから来る人の両面通行。
多くのサラリーマンが足早で通り抜けている。
向こうからサラリーマンらしきオヤジが歩いてきた。
ここまでは何でもない、いつもの風景だ。

ところがそのオヤジ、すれ違う距離まで近づいたら気がついたのだが、音がしている。
不思議なので、よくよくオヤジを見たら、何と電気剃刀でひげを剃りながら歩いていた。

私は一瞬、きょとん!!
唖然というか絶句というか・・・、これまでに見たことのない画像だ。
何か不思議なものを見てしまったようだ。
なんで家で剃ってこないんだろう?
歩きながら剃るということは、もとから剃刀を携帯していたということ?
確信犯だ。
通勤時間帯に会うということは明日もすれ違うのだろうか?
いや、以前にもすれ違っていたのかもしれない。

電車の中で化粧をしている女性に良い印象は持たない。
化粧の女性とひげそりの男、にたり寄ったりだ。
オヤジ、ひげくらい家で剃ってこいよな!!
[PR]
by ll23910 | 2011-01-25 07:19 | Trackback | Comments(4)
アキバのホコ天再開








e0143416_738872.jpg




昨日、お昼ごろに買物のために人形町界隈を歩いていたら、
4~5台へりコプターが飛んでいました。
いつにない飛び方です。
何か大きな事故でもあったのかな?と思いながら帰宅。

暫くして答えがわかりました。
アキバのホコ天が再開されたのです。
その取材のヘリでした。

テレビでその様子を映していましたが、ものすごい人の数でした。
びっくりするくらいの人数です。
けた外れのすごいパワー、集客力です。
2年7カ月のうっぷんを晴らすが如くの集まりです。

暫くの間、テスト期間として日曜実施、問題がなければ継続になるようです。
私には理解できないんですが、これだけ盛り上がるって、一つの社会現象ですね。
[PR]
by ll23910 | 2011-01-24 07:40 | Trackback | Comments(1)
サクラの開花予想








去年4月の千鳥が淵のサクラです。
e0143416_76239.jpg




毎日毎日、極寒の日が続いている東京です。
大寒も過ぎましたが、まだまだ寒い日が続きそうです。
勝手なもので去年の猛暑が懐かしく、恋しく思えます。

ついこの前、近所の公園を歩いていてふとサクラの木を見ると、小さな花芽がでてきていました。
可愛らしかったですよ。
サクラは春に目いっぱい咲くために、今は眠っている最中のようです。
春が待ち遠しいですね。

昨日、ウェザーマップからサクラの開花予想が出されました。

今年の桜は、
『平年並みか少し早く咲く』所が多くなるでしょう。
ただ、記録的な早咲きの所もあった『去年よりは遅くなる傾向』です。
とのことです。
[PR]
by ll23910 | 2011-01-22 07:08 | Trackback | Comments(2)
中国、GDP世界2位へ








駐車場の出入り口です。
e0143416_7173375.jpg




中国のGDPが世界2位になることが確実になったそうです。
なんと前年比10.3%増。
日本は1968年以降42年続いた世界2位の経済大国から順位を落とすことになる。

ただ、人口で割った国民1人当たりのGDPをみると、中国は日本の約10分の1で、順位は世界100位以下になる。
貧富の差や資源の浪費、公害など成長のひずみも目立つ。
年収200万円の人が2億の不動産を購入しているという記事を見ると、超バブルの上に成立している中国のモロさがうかがい知れる。
まさに砂上の楼閣での成長、どこかで金が詰まってバブルがはじけたら、きっとものすごいことになるだろう。

中国新聞社は、GDPが世界第2位になったことで
「1人当たりのGDPは、世界平均の5割程度。中国は得意がるべきでないし、自らの経済発展に酔いしれてはならない」
と珍しくまともな見方をしているようです。
[PR]
by ll23910 | 2011-01-21 07:19 | Trackback | Comments(2)
何のための仕分け」 廃止判定の事業相次ぎ復活








正月に行った伊豆で撮った一枚です。
e0143416_7521035.jpg




昨年12月24日、2011年度予算案が閣議決定されました。
国の財政が立ち行かない中、事業仕分けで「廃止」と判定された事業が相次いで予算計上されているそうです。
昨年末にいろいろ復活事例が報道されていたけど、今朝も廃止が決定された朝霞の議員宿舎が復活したとの報道がされていました。
これからも五月雨式にいろいろなゾンビが、きっとピンポイントで報道されるのですかね?

仕分けっていったい何のためにやったんでしょうね?
ただのパフォーマンスだったんでしょうかね?
如何に法的拘束力がないとは言え、何かやり方はあるはずだと思いませんか?

そもそも論として、民主党が自らやった仕分けで、廃止と決まったものを復活するって、おかしくない?
連合まで「政府が掲げた政策を自ら否定するのは明らかに矛盾。パフォーマンスの仕分けなら意味がない」苦言を呈していますよ。
[PR]
by ll23910 | 2011-01-20 07:55 | Trackback | Comments(2)
就職内定率









e0143416_7371137.jpg




学卒新卒の就職内定率が70%を切った。
68.8%、これまで最も低かった1999年より5ポイントも低い。
これは非常事態だと考えた方が良いと思う。

数合わせでは、就職先を選ばなければ全員がどこかへ就職できる数らしいが、そうもいくまい。
景気が悪ければ悪いほど、そして社会が不安定であればあるほど、
官と大企業願望が強いのは,いつの時代もかわらぬ学生の願望で世の常らしい。

大企業も就職浪人を新卒として扱う姿勢を次々打ち出している。
でもそれは企業の人気取りの売名行為であり、問題の本質はそこではないだろう。
企業が基幹要員を一部の新卒に限定し、表面上だけ実力主義を唱えているかぎり問題は解決しない。
実際の労働市場は労働人口の流動化がどんどん進んでいるのに、それには対応せず、
相変わらずの運命共同体発想と終身雇用制を貫いているところが問題の解決を難しくしていると私は思う。
まあ企業そのものが自らを変えること、これも大変難しいということは重々わかっているつもりだが。

生まれた年によっての運不運,世代ごとの運不運は絶対にあると私は思っている。
戦争という不幸を体験した世代、高度成長というラッキーの波に乗った世代等などさまざまだろう。
そういう私も決してラッキー世代ではない。
でもそれを恨んでも叶わぬこと。
まだ内定してない若者は、発想を転換し、自分を磨き直して、へこたれずに頑張ってほしいものだ。
苦あれば楽あり、諦めずに頑張れって!!エールを送りたい。
[PR]
by ll23910 | 2011-01-19 07:38 | Trackback | Comments(2)