<   2009年 02月 ( 27 )   > この月の画像一覧
ジョージアマックスコーヒーの怪




今日でこのブログも一年になりました。 覗いていただいている皆様、有難うございます。
e0143416_1911438.jpg
写真と本文は関係ありません。


都合により、この記事は削除しました。













e0143416_19142122.jpg

写真は熱海の海です。 
[PR]
by ll23910 | 2009-02-28 19:18 | Trackback | Comments(5)
日本郵政をかたる詐欺 「破格で落札できる」 




東京都庭園美術館の庭に設置されています。
e0143416_1945592.jpg

写真と本文は関係ありません。



「日本郵政の不動産を破格で払い下げさせることができる」などと持ちかけ、
購入資金をだまし取ろうとする詐欺の手口が横行していることが、分かった。
日本郵政をめぐっては、「かんぽの宿」など保有不動産が購入時に比べて廉価で売却されたことが問題化
しているが、郵政民営化をネタにした詐欺未遂事件とみられる。
日本郵政ではすでに、同様の事件数十件の報告を受けているという。

大阪府内のコンサルタント業の男性によると、知人に紹介された東京都内のコンサル会社の社長から
今年1月中旬ごろ、「日本郵政の保有する土地が安く売りに出される」と購入話を持ちかけられた。
物件は、神戸市中央区の大阪貯金事務センター神戸分館と駐車場。
敷地計1900坪に鉄筋造7階建てのビルがある。
不動産登記簿によると、土地は日本郵政グループのゆうちょ銀行と郵便局会社が所有。
ビルは昭和46年に建築されたもので、ゆうちょ銀行が所有している。

同社長は「郵政に強い国会議員の秘書を知っている。落札するように口利きできる」などと話し、
落札価格として1坪あたり150万円前後、計30億円を提示。
購入資金の一部として、18億円の資金を用意するように指示した。

男性側は、提示された坪単価が相場の半値以下と判断し、資金調達のめどをつけた上で、
同社長と大阪府内で会合を持つ約束をしたが、
確実に落札できるという証拠を求めるなどしたところ、連絡が取れなくなったという。

男性は「総務省に問い合わせて、売却話自体がウソだと分かった。だまされなくてよかった」
と話している。
この手の問い合わせが総務省に何十件も届いているらしい。



しかし、次から次によく新手の詐欺を思いつくよね。
びっくりです。
この頭脳をまともな仕事に使えば、日本はもっと良くなるだろうに。  にほんブログ村 ニュースブログ 面白ニュースへ









e0143416_19463415.jpg

この猫、東京都庭園美術館の裏で、ゆっくりしてました。
[PR]
by ll23910 | 2009-02-27 19:47 | Trackback | Comments(1)
江東区女性殺害 星島貴徳被告に対する判決



ここ数日、東京は天気の悪い日が続いています。  ナンテンの赤がキレイです。
e0143416_18145730.jpg
写真と本文は関係ありません。



東京地検がやってくれました。
殺された被害者の人権をあまりにも無視した判決に、東京地検がそれを不服として高裁に控訴しました。

概要はこうです。
江東区の女性殺害事件 星島貴徳被告に対する判決です。
殺人については、包丁で被害者の頸(けい)部を突き刺すなどしており、残虐かつ冷酷である上、
死体損壊、死体遺棄については、死体を細かく切断して投棄したという戦慄(せんりつ)すら覚えるものであって、
死者の名誉や人格、遺族の心情を踏みにじる極めて卑劣なものである。
被害者は、何らの落ち度がないにもかかわらず拉致された上で尊い命を奪われており、
遺族らの処罰感情が峻烈(しゅんれつ)を極め、社会に与えた衝撃も大きい。
検察官が死刑を求めるのも理解できないことではない。

しかしながら、殺害の態様は執拗(しつよう)な攻撃を加えたものではないし、残虐極まりないとまではいえない。
死刑を選択する基準という観点からは、被害者が命を落とした後である死体損壊などの態様を過大に評価することはできない。
被告人は強姦(ごうかん)の目的で被害者を略取したものの、結局、わいせつ行為にすら至らなかった。
住居侵入などは計画的であることが認められるが、殺人、死体損壊などは、
逮捕を免れるために被害者の存在を消してしまおうと考えたのであって、事前に計画されていたとは認められない。
被告人に前科前歴はまったくなく、犯罪とは無縁の生活を送っていた。
逮捕された後は、犯行を自供し、その後も一貫して罪を認めており、
また、被害者の冥福を祈り、自らの罪を悔いて謝罪の態度を示しているなどの事情が認められるから、
矯正の可能性がいまだ残されている。
被告人の有利な事情も考慮すれば、死刑をもって臨むのは重きにすぎる。
無期懲役に処し、終生、生命の尊さと自己の罪責の重さを真摯(しんし)に考えさせることが相当と判断した。

私はこの判決、絶対におかしいと思います。
被害者が奪われた尊い命や、遺族の無念を考えれば、絶対に死刑に値します。
という内容でブログにのせようと思っていた矢先、25日のニュースでこんな記事が・・・・。

東京都江東区のマンションで会社員東城瑠理香さん=当時(23)=が殺害された事件で、
殺人や死体損壊などの罪に問われた2軒隣の星島貴徳被告(34)について、
東京地検は25日、死刑求刑に対し無期懲役とした一審判決を不服として東京高裁に控訴した。 
との報道があった。

絶対そうです。
東京地検がやってくれました。
どう考えてもこの判決はおかしい。
高裁がどんなジャッジをするのか、興味深いところです。


一方異国の地での、こんな記事があります。
イランの裁判所で、女性の顔に酸をかけて失明させたとして有罪となった加害者が、
イスラム法の「目には目を、歯には歯を」の原則に従い、同じ方法で失明させる刑罰を受けることが確定した。
女性の弁護士によれば、数週間以内に執行される見通しだ。

被害を受けたのはアメネ・バハラミさん(31)。
2002年、大学で電子工学を学んでいた24歳の時、同じ大学に通う当時19歳のマジド・モバヘディ受刑者に出会った。
モバヘディ受刑者はバハラミさんに近づこうとしたが、拒否されるといやがらせを繰り返し、
「結婚を承諾しなければ殺す」などと脅迫した。
2004年11月、勤務先の会社から帰宅しようとバス停へ向かっていたバハラミさんを同受刑者が襲い、顔に酸を浴びせた。
バハラミさんは重傷を負って視力を失った。
同受刑者は2週間後に自首して犯行を自供。2005年に有罪を言い渡され、以来収監されている。
バハラミさんの弁護士によると、同受刑者に反省の色はみられず、「愛しているからやった」などと話しているという。

イランでは通常、被害者が加害者に「血の代償」と呼ばれる賠償金の支払いを求めることができるが、
バハラミさんはその代わりに、モバヘディ受刑者の目に酸をかけて失明させる刑罰を要求。
昨年末に地裁がこれを認める判決を下し、同受刑者が控訴していたが、高裁が今月、棄却を決めた。

一部の人権団体などからは「残酷すぎる」と批判の声が上がっているが、
バハラミさんは「復しゅうが目的ではない。今後同じ思いをする人がないようにとの願いから決めたこと」と説明している。

私は、加害者が被害者より軽い量刑ってありえないと思います。
目には目、歯には歯、より以上の罰、これが一番公平だと思います。
その通りだ! と思われる方 どうぞ共感の一撃を  にほんブログ村 ニュースブログ 面白ニュース<br />
へ









e0143416_18155955.jpg















e0143416_18161341.jpg

[PR]
by ll23910 | 2009-02-26 18:18 | Trackback | Comments(4)
某新聞社の基準違反



最近、よく音楽を聞くようになりました。 
e0143416_1830343.jpg
 




今日のブログは、新聞についてです。
新聞の発刊に関して、第3種郵便物の認可を受けるためには、一定の条件をクリアーしなければならない。
その条件のひとつに、広告の割合を紙面全体の5割以下に制限する規定がある。
ところが最近、某新聞がこの規定をクリアーしていないことが分かった。
昨年の11月22日付け某新聞に掲載された東芝の全面8ページ広告。
結果、なんと40ページ中22ページが広告だったのだ。

これでは金を払って、
質の悪い紙で出来た広告集を買っているようなものだ。
さらに新聞の実配部数が総部数に占める割合を
8割以上とする規定にも、偽装部数が原因で黄信号が点滅している。
でもこんな事実があったことをマスコミはほとんど報道していない。
勿論この記事も読売からは何も報道されていない。


新聞業界では、法律や規則が有名無実になっているケースがまま見うけられる。
たとえば裁判所が下した新聞販売店に対する地位保全の仮処分命令を、某新聞社が踏み倒している事件は、
たびたび報じられている。

また、古い例では、高額な景品を使った新聞の違法販売がある。
それを改善すべくみずから提案した販売正常化宣言を3度もドブに捨て去った歴史は周知の通りである。
新聞関係者の言行不一致をあげれば限りがない。


ネットの飛躍的復旧の裏側に、新聞の部数の極端な落ち込みがあるのも一方で事実だ。
経営が苦しいので、つい広告収入に走ってしまう・・・。

私が思う某新聞社の最大の問題は、ただ一つ。
「選手ごときが・・・」の発言で日本中を敵に回した・・・
そして、実現はしなかったが、福田・小沢の連立政権にも一枚かんでた、あの老害をなんとかすることだろう。にほんブログ村 ニュースブログ 面白ニュースへ












e0143416_18355562.jpg

Miles Davisにハマっています。
休みの日に一日中部屋でMiles Davisを聞きながら、本を読んだりPCしていることもあります。
昔と比べて時間の使い方がずいぶん変わってきました。  にほんブログ村 ニュースブログ 面白ニュースへ
[PR]
by ll23910 | 2009-02-25 18:41 | Trackback | Comments(4)
日本漢字能力検定協会の不祥事発覚後のこと





e0143416_21103997.jpg

財団法人「日本漢字能力検定協会」が多額の利益を出していた問題で、所管の文部科学省が2月9日、
立ち入り検査に入った。



日本漢字能力検定協会は、ここ04年以降の5年間で約20億円もの利益を出していたと報じられた。
財団法人のような公益法人は、税制上の優遇措置を受けており、
96年の閣議決定で、必要以上の利益を上げてはいけないとされている。
それが守られず、「必要以上」の高額な検定料を取っていたわけだ。
それに元文化庁長官が長年、協会理事をしていることが新たに分かった。

さらに、大久保昇理事長や長男の浩副理事長が経営する4社に業務委託し、ここ3年間で計約66億円もの支出と、
漢検が不利益を被るような高額な契約で取引していた疑いもかけられている。
民法にある利益相反という違反のことだ。
そればかりではない。
漢検は、2003年7月には、漢字資料館にするという名目で、
京都市内の土地・邸宅を約6億7000万円で購入し、そのまま使用していなかった。
同市内で、亡くなった幹部向けとして供養塔も購入しており、これらの点も文科省の調査が入った。

多額の利益の点では、04年度から3度も指導を受けている。
今回で、なんと4度目だ。各メディアでは、漢検の理事・評議員会が形骸化し、機能していなかったのではと推測している。
ところが、文科省生涯学習推進課に問い合わせたところ、仰天するような事実が判明した。
元文化庁長官が現在も、漢検の理事になっているというのだ。
無給の非常勤とはいうものの、少なくとも4度もの指導中には、元文化庁長官が在任していた。

ちゃんと理事会が機能していなかった。
元文化庁長官が在任しているのに、なぜ度重なる指導をしなければならなかったのか。

これについて、文科省の生涯学習推進課では、
「指導の後、検定協会は、検定料の値下げをしたり、新しい級を作ったりして、収支のバランスを取るように改善しています。
  しかし、それが不十分だったということです」と説明する。

公益法人に詳しい江戸川大社会学部の惠小百合教授は、これに疑問を呈する。
「チェックをきちんとするのは、理事会メンバーの責任です。詳しくは聞いていないのでよく分かりませんが、
ちゃんと理事会が機能していない可能性があります」

つまり、元文化庁長官が理事としてどれだけ貢献していたのか疑問があるということだ。
そして、理事会が機能し、公益事業らしく検定料を引き下げたり、収益を再投資したりするようになるには、
情報公開の徹底が必要と説く。
「昨年12月からスタートした新公益法人制度では、情報公開が制度的に整備されました。
 それを利用して、社会全体が監視する状況を作るしかありません。
 今まで、なあなあでやってきたのが、いつでもホームページなどを通じた情報公開で
 不特定多数の目に留まるようになる状況ですね」

実に許せないなぁ!
それにこのこと(立ち入り検査後)って、あまりニュースとして報道されていませんよね。
みんなで隠しているんですかね。 にほんブログ村 ニュースブログ 面白ニュースへ






e0143416_2111116.jpg

[PR]
by ll23910 | 2009-02-24 21:13 | Trackback | Comments(2)
都心高級ホテルで値崩れ急速 75%値引きプランも




e0143416_18532468.jpg


都心の高級ホテルが値崩れを起こしている。
景気低迷により客室稼働率が低下し、75%に上る大幅な値引きや割安プランの販売で需要を喚起しているためだ。
ただ、稼働率の低迷は続いており、値引きが売上の減少を加速させる可能性もある。

東京を中心に高級ホテル約200軒を集めた予約サイトによると
今年1月の1泊1人当たりの予約平均単価が1万4912円となり、初めて1万5000円を切った。

これまで1年間の平均は1万8000円程度だったが、
景気低迷により低下した稼働率を引き上げたい各ホテルが、
「年明けから70~75%という大幅な値引きプランを増やした」という。

例えば、同サイトでシェラトン都ホテル東京(白金台)の2、3月の最安値が1万2000円となり、
割引率は69%に及んでいる。
ハイアットリージェンシー東京(西新宿)も予約サイト限定で、
一部工事中を理由に通常より3割以上も安い2万2000円の宿泊プランを販売。

一方、帝国ホテル東京(内幸町)は、通常の宿泊より2、3割安いプランの販売を強化。
食事が付かないプランや、改装工事の周辺の部屋を午後5時以降のチェックインで販売するなど
サービスに差を付け、値崩れを防ぐ狙いだ。

ただ、値引きや割安プランの利用は一般客が中心で、
都心の高級ホテルの主要顧客であるビジネスマンの減少を補うまでには至っていない。
実際、ハイアットリージェンシー東京の昨年12月の稼働率は40%程度と低迷。
帝国ホテル東京は61・6%と前年同月に比べて7・3ポイント減っている。

このため、各ホテルは「稼働率と客室単価の低下が重なれば、売上の大幅な減少は避けられない」
と危機感を募らせる。
だが、ほかに有効な需要喚起策を打ち出せないのが実情で、高級ホテルの苦境は当分続きそうだ。



だいたい以前の価格設定が高すぎだよね。
この前、福岡のビジネスホテルが朝食付きの一泊を3千円台で売り出したそうです。
この不況の中、どんどん安売り合戦が始まるんじゃないでしょか?  にほんブログ村 ニュースブログ 面白ニュースへ





e0143416_1854039.jpg

この建物、高級ホテルに見えませんか? 実は東京都庁です。 にほんブログ村 ニュースブログ 面白ニュースへ
[PR]
by ll23910 | 2009-02-23 18:58 | Trackback | Comments(2)
マスコミのありかた



サボテンには、トゲがあります。 今日のブログはマスコミに対するトゲです。
e0143416_19143411.jpg


毎日毎日、話題に事欠かない麻生さん。
支持率も急降下で、いよいよ週刊文春には、歴代総理の中で過去最低の総理とのレッテルを貼られたようだ。
まあ文春なんであまり、あまり信用もできないけど・・・。

ところで毎日、全てのメディアが閣僚周辺を報道しているが、
各社はどうして、G7の成果についての報道をしないんだろう?

おかしいと思いませんか?
麻生おろしの報道、泥酔大臣のメロメロ会見、バチカン美術館での恥かしい行動、
小泉造反宣言、など等を報道するのも勝手だが、
肝心の世界の首脳が集まって論じたG7で、何が決まってこれからどうなるのかが全く報道されない。
他国もそうなんだろうか? 不思議に思いませんか?

マスコミ各社は、いったい何をしているんだ?
揚げ足をとることにだけ注力し、本来の仕事を怠っているのではないだろうか? にほんブログ村 ニュースブログ 面白ニュースへ






e0143416_19144794.jpg

サボテンって、おもしろい植物だと思いませんか? 育ててみようかな。 にほんブログ村 ニュースブログ 面白ニュースへ
[PR]
by ll23910 | 2009-02-22 19:18 | Trackback | Comments(4)
学級委員長なしの怪



東京都庭園美術館です。 白金にあります。
e0143416_18572745.jpg

写真と本文は関係ありません。




びっくりするニュースを見た。

鳥取の小学校は「学級委員長」なし。 
なぜなら「なれない子供が傷つくから」らしい?

鳥取県の公立小学校には「学級委員長」がいない。
リーダーを決めれば差別につながる、との抗議を人権団体などから受け自粛した結果なのだそうだ。

しかし、今年春から鳥取市で1校だけ20年ぶりに「学級委員長」が復活する。
市の教育委員会が2、3年前から子供達の社会性、自主性を育てるために復活を呼び掛けてきた成果らしいが、
後に続く学校が現れるかはわからないという。

徒競走もコースを変え、同時にゴールする
鳥取県の公立小学校が「学級委員長」を無くしたのは、
人権団体などから「委員長になれなかった子供が傷つく」「自分にはできないと劣等感が生まれる」などの抗議があり、
自粛が全県に広がったためだという。
図書委員、保健委員といった担当者はいるが、これらの委員は全て横並びの関係にしている。
また、「差別」の観点から、運動会の徒競走でも全員が同時にゴールできるように
走るのが遅い子供に対しては、コースをショートカット(近道)したり、スタートラインを他の生徒より前にしたりする学校もあるのだそうだ。

鳥取市教育委員会は
「横並びで生徒は『誰かがしてくれるだろう』と考え社会性、自主性が育たない。
  2、3年前から市内の小学校に委員長の復活を呼び掛けてきた」
と打ち明ける。
人権団体とも交渉し「苦情は受け付けない」と突っぱねたのだそうだ。

その学校は「鳥取市立湖南学園」。
08年に小中一貫校の指定を受け09年春から本格的な一貫教育が始まる。
同校の金田校長は、
子供の保護者などから自分の意見を大勢の前でも堂々と表明できるような子供を育てて欲しい、
という要望が多くあり、09年春の一貫校としての新制度策定がいい機会だったと明かした。


ただし、市の教育委員会によれば、「湖南学園」に続き市内で復活させる小学校が出るのかどうかは分からず、
県内の地方の小学校ほど復活は難しいのではないか、と話している。
小学校の「学級委員長」を「人権」の視点から無くす自治体は大阪以南に多い。
愛媛県が04年に調査したところ、同県の約半数の小学校が「学級委員長」を置いていなかったそうだ。
同県の教育委員会は、
「様々な子供に活躍の場を与えることを目的に、リーダーの固定を避けているのだろう。
  必ず学級委員長を置かなければならないという規定はないため、それぞれの学校の判断に任せている」
とのこと。
何とも無責任な発言だ。
この程度の発言しかできないのなら、愛媛県の教育委員会なんていらない。
税金のムダ使いだ。


だいたい学級委員長がないこと自体をしらなかったのは、私が無知なのか? 
この記事を見て驚いた。全国的にそうなんでしょうか? 
それとも鳥取・愛媛を含めた大阪以南が特殊なんでしょうか?
傷つくことをおそれるあまり、自主自立が失われていく。
こんなことを許している事を許している事にあきれる。

怒るというより、笑っちゃうくらいただただあきれるばかりだ。  あれっ どこかで聞いたぞ!にほんブログ村 ニュースブログ 面白ニュースへ




e0143416_18574546.jpg
















e0143416_1858099.jpg

東京都庭園美術館は、朝香宮[あさかのみや]邸として1933年(昭和8年) に建てられた建物を、そのまま美術館として公開したものだそうです。 
なかなか瀟洒な建物です。 にほんブログ村 ニュースブログ 面白ニュースへ
[PR]
by ll23910 | 2009-02-21 19:11 | Trackback | Comments(6)
日本の富豪




大阪に住んでいる息子がワンコを連れて遊びにきました。かわいいワンコです。
e0143416_17431836.jpg
 
写真と本文は関係ありません





アメリカの経済誌「フォーブス」は19日、2009年の「日本の富豪40人」を発表した。
1位は、カジュアル衣料品店「ユニクロ」を展開するファーストリテイリングの柳井 正会長兼社長だった。
フォーブス誌によると、最もリッチな日本人は、
「ユニクロ」を展開するファーストリテイリングの柳井 正会長兼社長で、保有資産額は61億ドル(およそ5,700億円)だった。
柳井氏は、ユニクロの売り上げが好調なことから、資産額が2008年より14億ドル増え、6位から大幅に順位を上げた。
また2位には、大手パチンコメーカー「SANKYO」の毒島邦雄名誉会長がランクインし、
2008年に首位だった任天堂の山内 溥相談役は3位だった。
2009年は、40人のうち28人の資産が目減りしており、景気後退は、長者番付にも大きく影響した形となった。
以下、ベスト10だ
 4位  森 章     
 5位  孫 正義
 6位  糸山 栄太郎
 7位  三木谷 浩史 
 8位  佐治 信忠
 9位  武井 博子
10位  滝崎 武光

資産額は大きすぎて、私のような庶民にはピンとこない。
すごいの一言。 にほんブログ村 ニュースブログ 面白ニュースへ







e0143416_17422518.jpg
















e0143416_17434663.jpg

可愛くて、可愛くて、ワンコがいるうちは、家の中がすべてワンコ中心にまわっていました。
まだ6ヶ月で、ウエイトなんと1.5kgです。にほんブログ村 ニュースブログ 面白ニュースへ
[PR]
by ll23910 | 2009-02-20 17:48 | Trackback | Comments(5)
部屋の空気をきれいにしてくれる観葉植物




e0143416_18192841.jpg


空気清浄機がすっかり普及しているが、
電気代不要、日光と水と少しの愛情だけで部屋の空気をきれいにしてくれるエコな空気清浄装置、
観葉植物の効果が注目を集めているそうだ。

NASAの研究によると植物によって空気中の有害物質を分解する能力に差があるようで、
空気清浄効果の高い観葉植物ベスト5が発表されている。

育てやすさやインテリアとのバランスも考慮しつつ取り入れてみるとよいかもしれない。
観葉植物は光合成により部屋の二酸化炭素を減らし酸素を供給してくれるほか、葉や植木鉢の土からの加湿効果もあります。
またホルムアルデヒドなどの有害物質を吸着・分解しシックハウス症候群を防ぐ効果も期待できるとのことで、
寒くて換気を怠りがちなこの季節、リビングや子ども部屋に取り入れてみて損はないかもしれません。
というわけで、NASAにより空気清浄効果が認められ、かつアメリカParents Centerによる「子どもに安全な植物リスト」
にも載った超優秀な観葉植物は以下のとおり。

1位:オリヅルラン
2位:サンセベリア
3位:ドラセナ・フラグランス(Corn Plant)
    日本で通称「幸福の木」と呼ばれることもあるリュウゼツラン科ドラセナ属の植物。
4位:ポトス
5位:アグラオネマ(Chinese Evergreen)
だそうです。

週間〇〇とかいういい加減なことを書く週刊誌じゃなくて、NASAが言ってるんだから、ガセネタじゃないでしょう。
みなさま、ぜひお試しあれ! にほんブログ村 ニュースブログ 面白ニュースへ




e0143416_18201443.jpg

写真が本文中の1~5位の植物だったら、ブログ記事としては最高なんですが・・・・・。
違いますのでお間違いのないようにお願いします。にほんブログ村 ニュースブログ 面白ニュースへ
[PR]
by ll23910 | 2009-02-19 18:25 | Trackback | Comments(6)