<   2008年 03月 ( 31 )   > この月の画像一覧
ご挨拶
今年の1月から、次男が大阪で彼女と暮らしている。
未だ結婚はしていない。

住まいは、彼女の両親の実家のそば。
彼女の両親にご挨拶するため、大阪に行ってきた。
勿論、お会いするのは初めてだ。

最初、緊張しながらご挨拶・・・・・・・・・。

とても明るいご両親だった。
正直、安心した。
息子もうまくおつきあいが出来ると思う。
良い彼女とめぐり会えたものだ。
よかった、よかった・・・・・。

ご両親に京都を案内していただいた。
小雨の嵐山。
やはり気は遣うものの、楽しい時間があっという間に過ぎた。


嵐山の天龍寺、大方丈を上から見た。ちょうど桜が満開だ。
e0143416_18163596.jpg













常寂光寺から二尊院への途中
e0143416_18222228.jpg













天龍寺北側の竹林。なかなかの景観だ
e0143416_0402539.jpg




東京にもいろいろ歴史的名所はあるが、
今回京都へ行って、その差を改めて認識させられた。

歴史の差は、あまりにも歴然としている。
京都は素晴らしいと思う。
また時間をつくって行ってみようと思う。 
そうだ、京都へ行こう!
  どっかで聞いたことあるなァ

京都が好きな人  どうぞひと押しを  にほんブログ村 ニュースブログ 面白ニュースへ 
[PR]
by ll23910 | 2008-03-31 18:44 | Trackback | Comments(1)
大阪城
しばらくブログの更新ができなかった。
実は用があって、大阪に行って来た。

そして、用事の合間をぬって、三十数年ぶりに大阪城へ行った。
外観が随分きれいになっていた。
e0143416_23342426.jpg













改築されて、お城と言うより、鉄筋のビルになった感じ。
e0143416_23371212.jpg














中に入ってもっとビックリ! 
床にはフローリングが貼られ、天守閣まで登るエレベーターまでもが設置されていた。

ちょっとがっかり!
昔の風情がまるで感じられない近代建築に変身していた!
e0143416_23401649.jpg

古くなって補修するのは理解するが、もう少し工夫はできなかったのか、正直残念に思う。


でも大阪城は縁起が良いらしい
大阪城・・・・・・読み方かえると・・・・・・大繁盛(だいはんじょう)
大阪商人らしい発想だ。
にほんブログ村 ニュースブログ 面白ニュースへ
[PR]
by ll23910 | 2008-03-30 23:49 | Trackback | Comments(3)
サスケ
こんなにトゲトゲして、いったい何から身を守ろうとしてるんだろう? <マツバギク 木場公園にて> 
e0143416_23215241.jpg

             


サスケに見入ってしまった。
22:45まで放映していたので、ブログの更新が遅れてしまった。

第1ステージクリアーが3人
第2ステージクリアーが1人
アメリカ ミシガン出身のリーヴァイ君 21歳。
彼がただ1人、第2ステージをクリアーし第3ステージへ挑んだが、
そこで、やられてしまった。
日本人アスリートも現役&元全日本がたくさん出ていたが、途中で脱落だ。

彼等の身体能力はすごいものがあると思うが、
それでも突破できない、サスケのセットって
チョッとすごすぎ。

私も20歳若かったらチャレンジしたのになァ!
世のお父さんがたで、たくさんの人が昔を偲んで、同じこと考えているんじゃないかなァ?
でも現実は、今メタボと勝負している真最中。
にほんブログ村 ニュースブログ 面白ニュースへ



e0143416_23262342.jpg













e0143416_2327253.jpg













e0143416_23273449.jpg



桜は満開。すっかり春ですね。 
写真の花でチョッとでも春を感じてもらえると嬉しいです。 
春さかりのひと押しを  にほんブログ村 ニュースブログ 面白ニュースへ
[PR]
by ll23910 | 2008-03-26 23:39 | Trackback | Comments(0)
木の芽どき
今日は昨日とは大違い、暖かい一日でした。
春の花です。



e0143416_2117291.jpg













ヒヤシンスがきれいです
e0143416_21182100.jpg













e0143416_21182969.jpg













e0143416_21185324.jpg













これは、ルピナスでしょうか?
e0143416_21191738.jpg




会社からの帰り道、今日の暖かさで、桜はもう満開です。  
なんとなく気分がワクワクしますね。
暖かくなるって、本当に嬉しいもんです。  


さて、今が世に言う、木の芽どきです。
今日、女子高生をベロベロに酔わせた餃子の王将の記事が出ていました。
王将で、女子高生2人が2時間で熱燗11本とウーロン杯1杯をのんで、
路上にぶっ倒れて、事件が発覚したそうです。

飲む方、飲ませる方、どっちも問題ありなんでしょうが、
私の時代なら、バカヤロウで親に殴られて終わっていました。
彼女達の場合はどういうふうな結末になるんでしょうかね?
木の芽どき、と笑って済ませるのかな?
にほんブログ村 ニュースブログ 面白ニュースへ
[PR]
by ll23910 | 2008-03-25 21:34 | Trackback | Comments(2)
桜開花
今日はあいにくの雨模様でしたが、木場公園の一部の桜が満開です。

e0143416_1915446.jpg













木によっては未だ全く開いてないのもあるのに、この差はいったい何なんでしょう?
木にも、おマセと晩生(おくて)があるようです
e0143416_1931565.jpg













雨上がりでした。花びらに水滴が残っています。
e0143416_1933871.jpg













今日は春っぽくまとめてみたいと思います
e0143416_195113.jpg












       菜の花です
e0143416_1954299.jpg













e0143416_1962691.jpg













雨上がりなので、花びらに水滴が・・・・・・・・・・
e0143416_19124289.jpg














e0143416_1965860.jpg













最後はミモザでシメさせていただきます
e0143416_19151656.jpg



春を感じた人も、感じなかった人も、ひと押しをお願いします  にほんブログ村 ニュースブログ 面白ニュースへ  
[PR]
by ll23910 | 2008-03-24 19:19 | Trackback | Comments(0)
急須
我が家のコレクションをご覧あれ!

台湾より持ち帰った自慢の一品。
さて、どこからお湯を注ぐんでしょう?
e0143416_2241466.jpg













真ん中におサルさんがいます。
e0143416_22415442.jpg











日本のお茶は一杯目を飲みます。
烏龍茶は一杯目は捨てて2杯目以降を飲みます。


e0143416_22424953.jpg





葉っぱが農薬で汚れているからだと思ったアナタへ・・・・・・・・・。

実は、お茶の葉の種類が違うんです。
日本茶はデリケートな葉、烏龍茶の葉は、厚くて硬い。
ゆえに一杯目は本当の味と香りが出ないんですよ。
だから熱いお湯で何度も何度も葉をひたして、葉をなじませて柔らかくしてから、本来の良い味を引き出して、いただくんです。 エッヘン!


サルを見て、んん~ん、なるほどと思う人、押して下さい
<よう意味わからん>   にほんブログ村 ニュースブログ 面白ニュースへ
[PR]
by ll23910 | 2008-03-23 22:48 | Trackback | Comments(3)
小石川後楽園
先日の休みに文京区の小石川後楽園に行ってきた。
平日だったこともあり、人が少なく、静かな落着いた気分が味わえた。


江戸時代初期、水戸光圀の代に完成した回遊式築山泉水庭と案内に書いてある。
水を上手に使って、庭が造られている
唐門跡の先にある、内庭といわれるところ。
e0143416_18565889.jpg













e0143416_18573479.jpg













渡月橋と言われるところ、沢渡りがある。
e0143416_190617.jpg












梅園だ。
時期的には梅が終わりかけ。そして桜はまだで、ちょうど狭間の時だった。
e0143416_1903291.jpg











丸八屋と案内告知が出ていた。
e0143416_191382.jpg













よく写真に出てくる円月橋
e0143416_1984261.jpg













メタボ鯉、明らかにエサのもらいすぎだ
e0143416_1922579.jpg




この庭園は、桜の季節が一番美しいだろうと思う。 
桜の開花宣言の報を聞いたら、もう一度来てみようと思う。  にほんブログ村 ニュースブログ 面白ニュースへ
[PR]
by ll23910 | 2008-03-23 19:30 | Trackback | Comments(1)
看板
台東区三ノ輪で見かけた看板です

e0143416_18561542.jpg


銭形平次に出てくる、そうそう、十手を持った三ノ輪の親分の三ノ輪です。

電気製品の、高いが反転しているので、安いんでしょうかね?
あいにく店はシャッターがおりているので、確かめられませんでした。

にほんブログ村 ニュースブログ 面白ニュースへ
[PR]
by ll23910 | 2008-03-22 19:03 | Trackback | Comments(1)
男性専用車両
今日読んで、腹がたった記事が一つある。

大阪市営地下鉄で男性会社員が痴漢にでっち上げられた事件後、「男性専用車両を導入してほしい」という申し入れが市交通局に相次いでいることが21日、わかった。「痴漢に間違えられたくはない…」。同様の要望は事件前から鉄道各社にも寄せられていたという。今回の事件を契機に鉄道各社も「導入を検討したい」としている。

 「えっ、ほんまに!? そんなにリアクションがきてるんですか…」
 男性専用車両の導入を求める声が続出していることについて、平松邦夫市長は驚いて答えた。以下続く


ムカつくのは、平松市長の発言だ。税金でお抱え運転手の車にしか乗っていないエライ人は、満員電車に乗らないので実態がわかってないということだ。 多くの男性がでっちあげをおそれ、不安に思っているのに、こんな他人事みたいなことがよく言えるよなぁ・・・・。

痴漢って、女性の虚偽の申告のおかげで、例え無実でも社会や職場で変な目で見られ、子供は学校でも困るだろうし一家が悲惨な目にあうこと間違いなしだ。
グルでやられたらそれこそ終わりだ。 恐喝だって簡単だろうし、今回の事件はれっきとしたその手の犯罪だ。現場で何が起きているのか、市長もそれくらいの認識はして欲しいものだ。

以前、ある人から聞いた話。
東京地検特捜部の話だ。
東京地検特捜部と言えば、泣く子も黙るすごい集団で、頭のケンカで絶対に負けない、いや負けちゃいけない集団で、今でも負けたことがないはずだ。
地検特捜部の人たちは、公共の乗り物に乗ったら両手を上げて、万歳して乗るそうだ。
この人痴漢ですって陥られないように、故意にハメられないために、万歳して乗り物に乗るんだそうだ。 なるほどなァって思う。 最たる自衛策だもの。

そういう意味からして知事の発言や認識はアマすぎ。

男性専用車両ができたら痴漢の冤罪はなくなっていいだろし、電車内で平気で化粧をしている光景も見なくて済むし、安っぽい強烈な化粧品の匂いからも開放されるし、、結構いいこと多いんだけど、二日酔いで酒臭いヤツとか、にんにく臭いヤツ、夏場の汗クサ、ワキガクサが今より集約されて濃くなるかと思うと、結構ツライものもあるよね・・・・・・・・・・・。  にほんブログ村 ニュースブログ 面白ニュースへ





今日は品のない話に、最後までお付き合いいただきまして、有難うございました。
汚い話の後には、お口なおしに・・・・・きれいなものをどうぞ。
ヒヤシンスだと思うのですが
e0143416_2364646.jpg













名前はわかりません。
e0143416_23195523.jpg


[PR]
by ll23910 | 2008-03-21 23:23 | Trackback | Comments(1)
中国問題
幸せを運ぶと言われている四つ葉のクローバです。
世界中に幸せを運んでもらいたいものです。
e0143416_18323947.jpg





チベット自治区で起きた騒乱における、中国政府の対応に対して、
国際的批判が高まりつつある。

これを機に北京五輪への参加をボイコットする動きが
ますます高まるだろう。

男子マラソンの世界記録保持者、エチオピアの
男性は、大気汚染を理由に北京五輪へ
参加しない意向を既に表明している。

チベット騒乱と大気汚染は次元の違う話だが、
それにしても、食や大気汚染を筆頭に不安が
多すぎるのに加えて今回の騒乱問題。


中国って、満身創痍の瀕死寸前状態って感じがする。
(日本も決して人のことが言える状況ではないとは思うが)

投資家の間では、北京五輪か来年の上海万博が終わったら
中国経済が崩壊するとの噂が、以前からマコトシヤカに
囁かれてはいたが・・・・・・・・・・・。
チベット問題で一気に病状が悪化した感じ。
中国政府にしても想定の範囲外だったのでは?

さて、どうなることやら?にほんブログ村 ニュースブログ 面白ニュースへ


e0143416_18371425.jpg

[PR]
by ll23910 | 2008-03-20 18:40 | Trackback | Comments(2)