2017年 07月 11日 ( 1 )
バニラエアの機内から大量の金塊




e0143416_20174611.png

バニラエアが、また話題になりました。
つい先日、車いすの障害者にタラップを這って登らせたことで、一躍有名になったあの格安航空会社の機内から、今度は大量の金塊が発見されました。
台湾から関空への便です。

飛行中に機内を見回っていた乗務員がトイレの中の壁の隙間に不審な黒い布袋を見つけ、大阪税関に通報しました。
税関が調べたところ、機内2ヵ所のトイレの壁の隙間から6つの黒い布袋が見つかりました。
中には金塊が入っていて、総量は、数十キロにのぼるということです。
最近、海外から金塊を密輸し、消費税分の利ざやを稼ぐ事件が相次いでいて、税関は何者かが台湾から国内に持ち込もうとしたとみて調べを進めているそうです。

これっておかしいと思いませんか。
我々どこの空港でも、ものすごく厳重な荷物チェックを受けて、ちょっとでも金属があるとピーと反応して、恥ずかしい思いをします。
あの荷物チェックを、数十キロの金塊を持って、バレないで通り抜けるなんて、出来る訳がありません。
そうすると、金塊をノーチェックで持ち込める人が誰かと言うことになり、とどのつまりはバニラエアーの関係者としか考えられませんが・・・・・。

バニラエアの従業員さん、きっとまじめな方も多くおられると思うので、ごめんなさい。
でもそれ以外、考えられないのです。
[PR]
by ll23910 | 2017-07-11 20:19 | Trackback | Comments(2)