2017年 04月 24日 ( 1 )
フランス大統領選挙

e0143416_08041004.png
フランス大統領選が23日行われ即日開票の結果、無所属のエマニュエル・マクロン前経済相(39)と極右・国民戦線のマリーヌ・ルペン党首(48)が5月7日の決選投票に進出することになりました。

マクロン氏はEUを重視する立場である一方、ルペン氏はEU離脱を目指しており、決選投票ではEUに対する姿勢が最大の争点となるものと思われます。
決戦投票でもしルペン氏が勝ったら、恐らくフランスもEUを離脱する方向になることでしょう。
イギリスに続いてフランスが離脱することになったら、はたしてEUは存続することができるんでしょうか?
新たな国際問題が増えましたね。


[PR]
by ll23910 | 2017-04-24 08:05 | Trackback | Comments(2)