2017年 03月 02日 ( 1 )
都議会自民党の豹変


おやつが欲しくて、待ちの姿勢です。
e0143416_6261037.jpg

都議会自民党が豹変しました。
恥ずかしげもなく、よくそんなにコロッと変われるなぁと言う印象です。
前回定例会ではアンチ小池で質問内容を事前に伝えず、質問をたたみかけた非常識なやり方をした都議会自民党が、前回定例会とは打って変わった代表質問だったようです。

「私たちの主張を的確に取り入れていただいた。項目は枚挙にいとまがない」「知事の『都民ファースト』と、都議会自民党が自負する『都民の与党』の意味合いに、それほど違いがあると思えない」自民の高木啓幹事長は平成29年度予算案に関連し、小池氏への賛辞や共感の言葉を惜しまなかった。
産経新聞記事の引用です。

都議会自民党は、よくもまあ恥ずかしげもなく、こんなゴマが擦れますね。
笑えちゃいます。

いつまでも対立姿勢を続けていると、流れからして自民党の立場がますます、どんどん悪くなるので、方向転換をしたことは見え見えです。
ドン内田の退職もベクトルとして働いているのかもしれません。
[PR]
by ll23910 | 2017-03-02 06:27 | Trackback | Comments(2)