「ほっ」と。キャンペーン
2017年 02月 03日 ( 1 )
注目されるトランプさんの発言とマスコミ




ここのところマスコミ報道でトランプさんが登場しない日はありません。
それくらい注目度と影響力が大きいと言うことでしょう。
e0143416_11241893.jpg


報道を見ていて思うのは、これまでのアメリカの報道は全て大統領がしゃべったことがメディア経由で報道されていましたが、トランプさんになってからは本人がツイッターに書き込んだ物が、直に文字で世に出て来るようになったことです。
即ち、マスコミのフィルターを一切通らず大統領の考えが直で国民や世界中に伝わっていると言うことです。
トランプさんはメディアに恣意的な編集や悪意ある報道をさせないよう、直に国民や世界に自分の考えを発信していることになります。

すごい時代になりました。
アメリカ大統領の考えがほぼリアルタイムで全世界に広がると言うことです
でも逆に言えば、それだけツイッターでうかつな発言はできないし、注意が必要だということでしょう。

2010年12月17日に起こった1人の若者の自殺がジャスミン革命の引き金になりました。
革命という大きな動きになった原動力は、若者のツイッターでのつぶやきでした。

トランプはマスコミに対し、つけ入る隙を与えたくないのでしょう。
大統領選で大きく読みを外したアメリカのマスコミは世間から笑われましたが、また一つ新しい試練が出てきたようです。
[PR]
by ll23910 | 2017-02-03 11:26 | Trackback | Comments(2)