2010年 09月 23日 ( 1 )
尖閣諸島問題







中国チックな建物です。 この前の台湾旅行でのワンショットです。
e0143416_8232165.jpg






尖閣諸島問題で中国と日本の関係がおかしくなってきた。
この事件、もともとは日本の領海内で中国漁船が不法操業し、
巡視船に体当たりして逃亡を企てたという単純なものだ。
日本の領土、領海内で不法操業をしたので捕まえたということだ。

日本当局は、公務執行妨害容疑で船長を取り調べる司法手続き中であり、
それに中国が圧力を加えるのは内政干渉以外の何物でもない。

ところが中国の主張は尖閣諸島は中国の領土だとしている。
尖閣諸島はアメリカからの沖縄返還の際、尖閣諸島も一緒に返還されたもので、
中国の領土ではないだろう。

中国は漁船船長の即時無条件釈放を要求、応じなければさらなる対抗措置を取ると警告してきた。
更にここにきて中国の出方が、温家宝首相まで船長を解放しないと報復措置をとると言いだした。


ちょっと国力が強くなったからって、中国は少し頭に乗り過ぎだ。
中国人特有のずるさが見え隠れしている。
温さんもバケの皮がはがれたように私は思う。

これに対して前原大臣の説明は明快でわかりやすい。
「尖閣諸島は我が国固有の領土で領土問題は存在しない。
 中国は大事な隣国で、戦略的互恵関係をしっかりと作り上げていけなければならない。
 拘置中の中国人船長への対応については我が国の国内法にのっとって粛々と対応するだけ。
 それ以上も、以下もない。」

お互い振り上げた拳はどこかに降ろさなければならない。
落としどころ、落とし方というヤツだ。
せいぜい大人の解決をしてほしいものだ。
[PR]
by ll23910 | 2010-09-23 08:26 | Trackback | Comments(0)