「ほっ」と。キャンペーン
ニュース用語の意味



報道の発信もとの東京タワーです。
e0143416_2143477.jpg



普段何気なく耳にしているが、ニュースで使われる言葉の言い回しって、
正確な意味がわからないものが多い。
そんなマスコミ用語の裏に隠された、驚きの秘密を調べたニュースがあったのでご紹介する。


「本日未明」って?
ニュースでは、「真夜中」とか「明け方」という表現は使われず、すべて「未明」とされます。
実はこの言葉の由来は、気象庁の予報用語だとか。
Yahoo!辞書によると、「まだ夜が明けきらない時分」と書いてありますが、
気象庁のサイトでは、「午前0時から午前3時頃まで」と具体的な時間が記されています。
「未明」というと、夜明け前のうっすらと明るくなった時間のイメージが強いため、
午前0時頃を未明と言われると我々一般人としては違和感があります。


「政府首脳」「政府高官」「消息筋」の違いは?
元朝日新聞「天声人語」執筆者でもあるコラムニスト、栗田亘さんのサイトなどを参考にしつつまとめてみると、
「政府首脳」=官房長官。自民党首脳は幹事長、総務会長あたり。
       外務省首脳は事務次官、ときどき大臣その人。
「政府筋」=内閣官房副長官のケースが多い。
「政府高官」=各省庁の局長クラスのことが多い。局長以下は、○○省筋となる。
「幹部」=中央官庁の局長クラス。ただし局長を首脳とする例もある。
「権威筋」=その問題について決定権を持っている人。
「消息筋」=決定権はないが、その問題について知識を有し、解析力のある専門家ら。
国名+消息筋だとたいてい「在日大使」のこと。

本当にわかりにくい…。
なんでストレートに官房長官って言わないの?
ウヤムヤにして、明らかにすることを好まない、日本のお役所仕事体質を表している気がしますね。


「わいせつな行為」と「みだらな行為」の違いは?
辞書を見ると、「わいせつ」=みだら、「みだら」=わいせつと書いてあり、全然一緒じゃん!と思いますが、
ニュース用語では「みだらな行為」は性交(同意あり)、「わいせつな行為」はBまで(同意あり)を意味するそう。
神奈川県青少年保護育成条例にも、そのような内容のことが書かれています。
これが相手の同意がない場合は「暴行」(=強姦)という表現が用いられます。


「全身を強く打って死亡」って?
「強く打って」という言い回しは、原型をとどめていないほど遺体が損傷している状態。
「頭部を強く打って」「胸などを強く打って」など、局部の状態を表していることも多いです。
これは、「新聞倫理綱領」に「新聞は人間の尊厳に最高の敬意を払い、個人の名誉を重んじプライバシーに配慮する」と書かれて
いるとおり、遺体の状態を克明に表現しては倫理に反するので、具体的な描写が避けられているのではないかと言われています。


「バールのようなもの」って?
おかしなニュース用語の代表格として、よく突っ込まれる言い回しで、これをネタにした小説や落語も発表されているほど。
犯行に使われた凶器が不特定の際に頻繁に使用され、「棒状の鈍器」と言い表す場合もあります。
この他も、実体が不明であるものを報道する場合は、
「ノコギリのようなもの」「包丁のようなもの」のように、断定は避けられています。


「男」と「男性」の違いは?
容疑者として容疑が強い場合は「男」「女」、まだ不確定の場合は「男性」「女性」という表現が使われます。
ちなみに、「容疑者」はマスコミ用語で、法律上の術語としては「被疑者」が正しいのですが、
「被疑者」では「被害者」との聞き間違いが多いため、「容疑者」と使われることになったそう。
かつて被疑者は呼び捨てで報道されていましたが、あのロス疑惑以降、
人権への配慮などから、「○○容疑者」「○○被告」と呼ばれだしたとか。

「軽傷」「重傷」「重体」の違いは?
「軽傷」は呼んで字のごとく、軽いケガでしょうけど、「重傷」と「重体」の違いはよくわからない…。
「常識ぽてち」によると、「重傷」とは、全治1ヵ月以上のケガを示し、
「重体」は「重傷」者のうち、脳や内臓に大きな損傷を受けて生命の危機に瀕している場合を言うそう。
ちなみに警察庁等の公的な機関では「重体」という用語は使わず、「軽傷」「中傷」「重傷」の3つに区分けされるそうですが、
「中傷」は聞き間違いやすいため、報道では使われてないそうです。


犯行の動機が「ついカッとなってやった、今は反省している」が多いのはなぜ?
犯人の定番コメントで、この他には、「むしゃくしゃしてやった、誰でもよかった」
「イライラしてやった」「ムラムラしてやった」「目立ちたくてやった」などがよく使われます。
「同人用語の基礎知識」によると、たいていは取調官が調書を作りやすくするために、
誘導尋問的に言葉としてまとめるケースが多いようです。
つまり、「ついカッとなってやったんだな?」と訊かれた犯人が、ただうなずいただけということですね。
以上が記載記事です。

冷静に考えると、言葉って大衆が共通の意味として理解し認識していることが一番大切なことのはずなのに、
それを正確に伝えるべき使命を持つマスコミが、勝手に特殊なくくりのマスコミ共通用語を使っているって変だよね。 にほんブログ村 ニュースブログ 面白ニュースへ
[PR]
by ll23910 | 2009-01-24 21:45 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://longno.exblog.jp/tb/9473933
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 夫婦げんか 合格祈願食品 >>