稀勢の里 感動



e0143416_194420100.jpg稀勢の里に、感動です。
千秋楽の本割では突き落とし、優勝決定戦では小手投げで、二番続けて照ノ富士に勝って、見事優勝しました。

一昨日怪我して、休むのかと思ったら、昨日も休まず出場。
でも昨日の鶴竜との取組みは、何とも痛々しくて気の毒なくらいでした。
休んだ方が良いんじゃないのって感じでした。
怪我した左腕が動かないし、全く力が入らないみたいで、全然ダメ。
立ち合いで軽くいなされ、そのまま押し切られる形で土俵の外へ、あっという間の寄り切りで勝負が着きました。やっぱり無理なんだとだれもが思ったと思います。

千秋楽も痛そうでしたが、とにかくよくガンバった。
モンゴルに押されっぱなしの角界で、日本人の誇りです。
勝ってくれて、なんだか嬉しい。
思わずファンになりました。
[PR]
by ll23910 | 2017-03-26 19:46 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://longno.exblog.jp/tb/25645790
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ゴチ at 2017-03-27 13:58 x
稀勢の里の強さは本物ですね。左肩の故障を押しての終盤戦を勝ち切ったことはこれからの相撲に大きな財産になる筈です。1本6万円(手取り3万円)と言われる賞金の影響も大きいかもしれません。W 次の日本人横綱が育つまで頑張って欲しい。高安との二人三脚が楽しみです。
Commented by ロング at 2017-03-28 21:44 x
ゴチさんへ

モンゴルに押されっぱなしの日本の国技に、久々明るい話題が帰ってきました。
末長い活躍を期待したいもんです。
<< NHK受信料訴訟、東横インに1... 籠池氏 証人喚問 >>