「ほっ」と。キャンペーン
トランプ米大統領、入国制限に反対した司法長官代行を解任



久々、すずの登場です。散歩の途中、おやつを食べるところです。
e0143416_638348.jpg

トランプ米大統領は30日、難民・移民の入国を制限する大統領令を擁護しないとしたイェーツ米司法長官代行を解任したそうです。
解任された司法長官代行はオバマ前政権下で司法副長官を務め、トランプ政権になっても政権側の意向で長官代行を務めていましたが、今回の大統領令が合法であるとの確信が持てないと意向を示した途端、解任されたようです。

トランプのやることは、むちゃくちゃですね。
反対派を一瞬のうちに首切りです。
メキシコとの国境の壁も、壁はアメリカが作るが金はメキシコに払わせるなんてむちゃくちゃなことを言ってます。
とても民主主義の代表国家であるアメリカのトップのやることではありません。
これでは北朝鮮の将軍様と同じです。
もたないですね、トランプは。

自分の指示通り動かない人や気に喰わない人は更迭する・・・・・彼の頭の中はその程度なのかな。
アメリカもエライ人をトップに選んでしまったものです。
メキシコとの壁は対メキシコだけの話ですが、入国制限の措置は、世界各国に影響します。
反トランプの動きを世界中で加速させることになると思います。
[PR]
by ll23910 | 2017-02-01 06:40 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://longno.exblog.jp/tb/25265877
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ゴチ at 2017-02-01 21:12 x
世界中の首脳たちが「先が読めなくて」困っていると思います。憶測で株価、為替の変動があり、儲かったり損をしている人たちが要るようですが、私たちには関係ありません。彼は主義主張より経済的なことを優先して動くので心配です。今のところ中国よりも台湾を重要視する姿勢ですが、いつ習近平に味方するか判ったものではありません。
Commented by ロング at 2017-02-02 17:44 x
ゴチさんへ

先が読めない、きわめて不透明な状況がこの先どこまで続くのか、どれだけ世界中で混乱が起きるのか心配なところです。
アメリカの国益になると思って主張したり実施したりすることが、結果国民の利益にならないことが十分ありそうです。
自分最適やアメリカ最適ではなく、世界最適を考えて発言・行動してほしいですね。
<< 注目されるトランプさんの発言と... 千代田区長選 >>