鹿島神宮がクレジットカードを発行




e0143416_6213296.jpg茨城県鹿嶋市の鹿島神宮がクレジットカード「鹿島神宮カード」を発行するそうです。
神社がクレジットカードを発行するのは初めてですよね・・・・・、今まで聞いたことがありません。

年会費やたまったポイントを12年に1度行われる「御船祭(みふねまつり)」の費用や、文化財保護などの財源に充てるために発行するそうです。
カードの利用を神社の財源につなげたいという考えですね。

カードの発行は三越伊勢丹グループのクレジットカード会社「エムアイカード」と提携してやるそうで、カードは一般カード年会費5千円とゴールドカード年会費1万円の2種類発行。
一般カードの年会費5千円は、ちと高すぎると思いますが・・・・・。
会員には入会翌年度以降、毎年、返礼品が贈られたり、神職による境内の案内や宝物館への入場無料などの特典もあるそうです。

神社がクレジットカードを発行したり、お賽銭を電子マネーで払える時代がやってきました。
情報産業の劇的な進化で、時代が大きく変わってきました。
ただ本当にこれが良いのかどうかは、良く分かりません。
[PR]
by ll23910 | 2017-01-26 06:22 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://longno.exblog.jp/tb/25239941
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ゴチ at 2017-01-26 22:29 x
クレジットカードを発行してマージンを週人間んひするわけですね。「賽銭をカードで支払う」事で無いようなので安心しました。
Commented by ロング at 2017-01-27 07:48 x
ゴチさんへ

お賽銭のクレジットカード払いも、実現されるのは時間の問題ではないでしょうか。電子マネーでのお賽銭の支払いが既に現実になっているようですから。
前払いか後払いかの違いだけですからシステム的には簡単にできてしまうと思います。

アベックや夫婦、家族等複数人数でお参りしたら、全員分を一度に払えて便利になるかもしれません。
<< 中国、ブルキナファソに5兆円で... 「南京大虐殺」否定本でアパホテ... >>