市長と副市長が平日昼に、支庁舎を抜けて賭けマージャン



高校生の甥っ子が修学旅行で台湾へ行ったそうで、そのお土産でもらいました。
e0143416_703888.jpg


福岡県飯塚市の斉藤守史市長と田中秀哲副市長が平日昼に市庁舎を離れ、賭けマージャンを繰り返していたことが分かったそうです。
市長と副市長は地方公務員法で規定される特別職で、勤務時間は決まっていないらしいが、これはどう見てもアウトでしょう。
新聞社の取材に対し、2人は「道義的責任はある」と認めています。
賭け金は1日1万円程度と言っているそうですが、メンバーには来年4月に市施設の指定管理者となる事業者の社長も含まれていたようです。
副市長が第三者から市内の元店舗に出入りする画像を突きつけられて「善後策を福岡市内のホテルで考えましょう」と交渉を迫られ、飯塚署に相談していたそうです。
そりゃ、ゆすりのネタになりますわね。
記者会見でも、2人とも態度は悪いし口のきき方も横柄で、反省の色も見えず、とんでもない輩です。
これはダメでしょう。
[PR]
by ll23910 | 2016-12-23 07:01 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://longno.exblog.jp/tb/25084348
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ゴチ at 2016-12-23 15:00 x
市の2トップが「賭けマージャン」はアウトでしょう。有耶無耶にせず、進退問題にしないといけません。福岡は暴力団が蔓延り行政とのつながりも多く、清潔なイメージは無く困ったものです。大きなお祭りを持っている自治体は往々にして暴力団とのつながりを伝統にしがちです。富岡八幡の神輿は佐川急便の贈り物らしいですが、異様さを感じます。
Commented by ロング at 2016-12-24 06:57 x
ゴチさんへ

記者会見はご覧になりましたか?
まったくひどいもんです。
ふてぶてしい態度、横柄な受け答え、全く反省なしでこんなヤツらが行政のトップにいるのかと思うと、へどが出そうになるとともに、モーレツに腹が立ちました。
あんなどうしようもないバカは社会的に抹殺した方が良いと思います。
<< スマップの解散 曜変天目に間違いない >>