碁でAI(人工知能)にプロ棋士が負けた



e0143416_6465371.jpg碁でAI(人工知能)にプロ棋士が負けたそうです。
AI(人工知能)はグーグルの傘下企業が開発したそうです。
AIが人間に勝つには”早くて10年かかるだろう”と言われていたのに、3度も欧州チャンピオンになった中国のプロ棋士に5戦5勝。
それで、この3月にはもっと強い世界ランクと勝負するそうです。

ちなみに将棋と囲碁で、出現しうる着手の数が将棋は10の220乗、囲碁は10の360乗あるそうです。
いったいどんな数字???

囲碁のプロは、直感的に絞り込んだ複数の手を深く読み、その後に現れる局面の形成を感覚的に判断し、着手を選択します。
感覚的な判断という、このような人間が言語化できない感覚的な部分は、コンピューターにとっては苦手な領域です。
数式化できないからです。

今回、人間が分析しきれず感覚としか表現するしかなかったものを、AIが獲得できることを囲碁の例で世界に証明しました。
ディープラーニング、深層学習と言う技術でまず人間の頭脳を真似したネットワークを構築し、そこに膨大なデーターを投入してAIに自動学習させていく。
赤ん坊に、ゼロから言葉を教えていくイメージだそうです。

要は全通り覚えさせたってことですかね。
難しいことは分かりませんが、それにしてもすごいことだと思います。
3月の勝負が楽しみですね。
[PR]
by ll23910 | 2016-02-27 06:49
<< アートたけし展 厚労省が非正規の労基署相談員の... >>