英国ヒースロー空港に男性客置き去り






今ベランダで咲いている花です。
ゆりです。なかなか立派です。
e0143416_6521491.jpg











アマリリスです。
e0143416_6523446.jpg





災難にあわれたご本人には失礼ですが・・・・・おもしろいことが起きたものです。
添乗員付きの欧州ツアーで英国ヒースロー空港に旅行客が置き去りにされたそうです。
男性は精神的な苦痛を受けたとして、旅行会社に40万円の損害賠償を求める訴えを起こしました。

訴えによると、
ツアーにはこの男性を含め26人が参加、スペインやポルトガルを訪れ、ヒースロー空港で帰国手続きを取った。
テロ警戒で手荷物検査が厳しく、男性と女性添乗員、女性客の計3人が無作為で選ばれ、再検査を受けた。
添乗員と女性客は先に再検査を終え、搭乗ゲートに移動。
添乗員は男性が遅れる旨をゲートの係員に知らせた後、係員の指示で成田空港行きの航空機に移った。
男性も再検査を済ませてゲートに駆け付けたが、出発に間に合わなかった。
添乗員は携帯電話で男性に「飛び立つので(男性は)もう乗れない。頑張って帰ってきてください」と伝えたという。

男性はホテルに1泊し、別の航空機で帰国。
宿泊費やガイド代は自分で負担したそうです。

被害の弁償をめぐり、男性は旅行会社側と何度かやりとりしたが、
会社側から「会社に過失はなく、金銭の補償はしない」といった連絡があったという。
男性側は「安全に旅行できると思って添乗員付きのツアーを選んだ。
 会社は責任を認め、過失のない旅行客の立場に配慮した対応をしてほしい。
 添乗員は空港に残って男性の安全確保に力を尽くすべきだった」と主張。

旅行会社の担当者は「裁判になったことは誠に残念。法廷で見解を述べる」と話しているとのことです。

最終どんな判決になるのかわかりませんが、旅行会社の負けじゃないでしょうか?
仮に旅行会社は判決で勝っても、世論には負けると思います。
だって客をほったらかしにして「頑張って帰れ!」はないだろうと思うし、それを正当化するようじゃどうかと思いますよ。


















 
[PR]
by ll23910 | 2013-06-06 06:53 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://longno.exblog.jp/tb/20611541
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by at 2013-06-06 12:57 x
これって日本の旅行会社ですか?
ありえないです
40万円では安すぎますよ
置いて行かれた不安や帰国の手続きなど
けっして許される行為じゃないですよ♪
Commented by ロング at 2013-06-06 19:39 x
Eさんへ

犯人は日本の国内旅行社ですよ。
その名は阪急交通社で関西の旅行会社です。
ただ私が思うのは、置き去りにしたのは添乗員の判断か会社の判断か、どちらの判断かと言うことがポイントだと思います。
添乗員が会社にどうすればよいかの判断を仰いで、結果置き去りにしろということだと、とんでもないし、この先きついでしょうね。
私、個人的には阪急交通社に随分お世話になっていますので、雇われ添乗員が個人的に自分でやったことだったという結末が一番望ましいのですが。
とにかく事実を明らかにしてほしいと思います。
Commented by ゴチ at 2013-06-06 22:46 x
添乗員は出発前に航空会社にしっかり説明したのでしょうか。客の都合で遅れたのであれば仕方が有りませんが、空港職員の都合で遅れたのなら添乗員はドアにしがみついてでも出発を遅らせるべきだったと思います。「飛び立つので(男性は)もう乗れない。頑張って帰ってきてください」との言い草は添乗員とは思えません。
Commented by ロング at 2013-06-07 06:39 x
ゴチさんへ

欧米流の考え方では、セキュリティーチェックでかかる時間は多めにとって出発に臨むのが当たり前で、チェックに時間がかかって乗り遅れるのは充分に時間をとっていない客が悪いというロジックでしょうね。
ただ添乗員の対応は判決以前に同義的に許されないことだと思いますが。
Commented by kokeobasan at 2013-06-07 13:08 x
読んでいて腹が立ちました。
その男性の気持ちが痛いほどわかります。
私も、イラク戦争開戦の日にデトロイト経由でワシントンD・Cに行った時、4名がデトロイトで別室に連れて行かれました。
その時の添乗員さんが2名いたのですが、まったく掛け合ってくれなくて「もう無理です。ダメです間に合いません。」と
一緒にいたツアーの中にふたり英語ペラペラの方がいらっしゃって二人で空港関係者に話をして乗換ギリギリで空港内を全員でダッシュしたことを思い出しました。皆と一緒でも不安で泣きそうになりました。
現地の代理店の人にお願いするとかできなかったのでしょうかね。
Commented by ロング at 2013-06-07 19:53 x
kokeobasanさんへ

kokeobasan さんはかなりきわどい経験をされたんですね。
言葉が通じない外国で置いてきぼりを食うことの怖さって、経験したことのない人にはわかりませんよね。
バカや中途半端なレベルの添乗員じゃわかりませんよね。
今回の件、阪急交通社が組織的に指示したのか、添乗員が勝手にやったのかは明らかにしていません。
最後まで知りたいテーマです。
マスコミがこの後を追いかけてくれると良いのですが。私なりに追いかけてみようかなとは思いますが・・・。
やれるだけはやってみますが、あまり期待しないでください。
<< 言葉にならない記憶力 三菱自動車 不具合究明を3年放... >>