独立行政法人  無駄な支出742億円…98法人、9年間で







ポピーが満開です。 とてもきれいです。
(写真と本文は関係ありません)
e0143416_7331587.jpg




独立行政法人(今年3月31日現在)で、01年度から昨年度までの9年間に職員への食事手当や個人旅行補助などの「法定外福利厚生費」として
計742億3171万円が支出されていたことが総務省の調査で分かった。
独立行政法人の設立目的は行政の効率化だったが、多額の無駄な支出が判明。
国の事業仕分けを機に廃止の動きが進んでいるが、総務省は問題のある手当を廃止するよう通知した。

調査は昨年度末時点の全独法98法人を対象に実施。
各独立行政法人の支出総額は、01年度の3億9325万円(41法人)から、法人数の増加とともに年々増え、
ピークの07年度は124億1976万円に上る。
その後は微減に転じたものの、昨年度も113億5160万円に達した。

法人別では、設立以来の支出総額は
鉄道建設・運輸施設整備支援機構85億
日本原子力研究開発機構79億
労働者健康福祉機構58億・・・・以下続く
このうち、労働者健康福祉機構傘下のある施設は現在もホームページの職員募集欄に
「(リフレッシュ目的の)宿泊施設などの利用に対する補助」「厚生会(互助組織)が5年ごとに旅行券を支給」などを挙げている。

総務省によると、法定外福利厚生費の中には職員の健康診断費など必要な支出もあるが、レクリエーションなど本来は支出すべきでない費用も多い。
独立行政法人評価委員会が昨年12月に実施した調査(08年度分)によると、
  ・個人旅行補助やフィットネスクラブ法人会員費など、文化・体育・レクリエーション関連の支出
  ・職員への食券交付や食事の実費給付
  ・慶弔見舞金、永年勤続表彰などの個人への給付
  ・互助組織への支出
など、内容は多岐にわたっていた。


独立行政法人の運営には今年度予算で、補助金などの国支出が約3兆1600億円投入される。
クソッ!! 許せないよな! 税金の横領じゃないか!
この不況のおり、民間じゃありえないのに、いまだにノウノウとこんなことやってるなんて。
業務上横領で処分できないのだろうか!

e0143416_733385.jpg

[PR]
by ll23910 | 2010-05-17 07:39 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://longno.exblog.jp/tb/12654169
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by kokeobasan at 2010-05-17 14:30 x
あまりに馬鹿げていて話になりません。

一生懸命働いてもボーナスも出ない人がたくさんいるんですよ。
やはり日本は病んでいると思います。
ずっと前からでしょうが、今のような厳しい状況になるまで影に隠れていただけなんですよね。
Commented by ロング at 2010-05-17 18:00 x
kokeobasanさんへ

独立行政法人の悪さはまだ他にもあるんです。
明日アップします。
鳩山になって良いことはなにもありませんが、政権交替で唯一良かったことは、悪いことがどんどん露見したことじゃないでしょうか?
内閣官房機密費。事業仕訳での無駄金などなど・・・。

<< 独立行政法人の28法人 職員の... 地方公務員のアルバイト >>