「ほっ」と。キャンペーン
地方公務員のアルバイト









昨日の東京は快晴、暖かでした。
とても気持ちがよく、新東京タワーもくっきり見えました。
(写真と本文は関係ありません)
e0143416_9404658.jpg




地方務員法で禁じられたアルバイトを7年余り続け1323万の収入を得ていたとして、
三重県の伊賀南部環境衛生組合が男性清掃職員(59)を、同日付で減給10分の1、6か月の懲戒処分にしたと発表した。
日中は組合の清掃員として勤務した後、毎日深夜から明け方まで、伊賀市内でアルバイト。
男性職員は「子どもの教育費や住宅ローンの返済に金が必要だった」と釈明したという。

同組合によると、男性職員がアルバイトしていた期間は2002年11月~今年3月。
平日の午前8時15分から午後5時まで組合に勤務し、伊賀南部クリーンセンター(伊賀市奥鹿野)でごみの受け入れなどを担当。
帰宅後、自宅で数時間仮眠して伊賀市内の食品製造工場に行き、午後10時30分から翌朝午前5時30分まで機械を洗浄する仕事をこなしていた。
この間のアルバイト料は総額1323万円にのぼる。

今年3月、名張市に匿名の電話があり、問題が発覚。居眠りや遅刻、無断欠勤など組合の仕事に支障はなかった。
アルバイトは就職情報誌で見つけ、採用時の面接では「職についていない」と説明していた。
組合では、04年6月にガソリンスタンドでアルバイトしていた男性職員が戒告処分、
05年10月には10年間にわたって新聞配達のアルバイトをしていた男性職員が減給10分の1、3か月の懲戒処分を受けていた。
という記事があった。

地方公務員法で禁じられたアルバイトをしていた訳だが、これってそんなに悪いことなんだろうか。
教育費や住宅ローンを抱えて、身を粉にして昼夜必死に働いている。
勤務にスキ(居眠りや手抜き)が出るはずがどちらの職場にも迷惑をかけていない。
無理な買い物をしなければよかったんだという見方はあるが、収入が足りなければ働かざるを得ないわけで、
これだけまじめに働いている人で、どこにも誰にも迷惑をかけていないのに、
ただルールにあるからというだけで懲戒処分にするって正しいんでしょうかね?
役人の言い分は、ルール通りやらないとしめしがつかないってことだろうけど、一考に値するんじゃないだろうか?



e0143416_8194781.jpg

新東京タワー、今まだ半分とはいえ高いですね。
でも高さはここまで上がって、ここで一休みのようです。
ここに展望台ができるので、ここから横に広がるようです。
いまもちょっと横に広がり始めています。
[PR]
by ll23910 | 2010-05-16 08:23 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://longno.exblog.jp/tb/12648433
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by kokeobasan at 2010-05-17 14:28 x
だいたい教育費がかかりすぎると思うのです。
子供を大学に行かせるのに親の給料では絶対に無理だという人のほうが多いのではないでしょうか・・・・
ごく一部の何度も退職金をもらっている人や、大企業の人?ならまだしも・・・・
我が家も子供の大学の授業料を払うのに大変な思いをしましたから・・・いやまだしているんだった!
Commented by ロング at 2010-05-17 17:57 x
kokeobasanさんへ

天下って何も仕事をしないで金だけもらっている輩がいると思えば、家族のために身を粉にして人の倍働いている人がいて、まじめに働いているほうが怒られるって、どう考えても間尺に合わないですよ。
腹が立ちます。

まだ大変なおもいをしているとは、ご冗談に聞こえます。
だってkokeファミリーは夫婦で働いて稼いで、ダブルインカムですからきっとセレブな生活でしょう
Commented by kokeobasan at 2010-05-17 18:57 x
働けど働けど・・・・
働いていますが稼いではいません。
まぁ~「金は天下の回りもの」と言ってもどこかで止まっています。
とりあえず良き仲間に囲まれてなんとか楽しく暮らしています。

でも本当にこの不景気、笑い事でないぐらい大変なんです。
この一年が辛抱だと旦那に言い聞かせています。
笑える本当の話です。
Commented by ロング at 2010-05-18 07:35 x
kokeobasanさんへ

景気が上を向いたとか、回復基調とか政府や日銀は発表していますが、我々一般庶民には全く実感はないですね。
おそらく発表する立場の人たちは、庶民とはかけ離れた収入で生活している方々じゃないでしょうか。
これで消費税を上げるって言ってるんだから、いよいよ崩壊への道を・・・・・。
<< 独立行政法人  無駄な支出74... 税務署の暴挙 その4 >>