フランス大統領選挙

e0143416_08041004.png
フランス大統領選が23日行われ即日開票の結果、無所属のエマニュエル・マクロン前経済相(39)と極右・国民戦線のマリーヌ・ルペン党首(48)が5月7日の決選投票に進出することになりました。

マクロン氏はEUを重視する立場である一方、ルペン氏はEU離脱を目指しており、決選投票ではEUに対する姿勢が最大の争点となるものと思われます。
決戦投票でもしルペン氏が勝ったら、恐らくフランスもEUを離脱する方向になることでしょう。
イギリスに続いてフランスが離脱することになったら、はたしてEUは存続することができるんでしょうか?
新たな国際問題が増えましたね。


[PR]
# by ll23910 | 2017-04-24 08:05 | Trackback | Comments(2)
日本電産永守会長、次々と億単位の寄付




e0143416_6161767.jpg日本電産の創業者、永守会長(72)が、数十億円単位の私財を次々と大学に寄付し資金難にあえぐ大学を支援されているそうです。
3月30日、京都学園大(右京区)で開いた記者会見で、2020年に工学部新設を目指す同大学を支援するため、100億円以上を私財でまかなう構想を発表されました。
学部定員200人で、半数は留学生を想定。大学院は100人。実践的な研究・開発力や英語力を備えた人材を育てる。経営大学院設置も視野に入れる。
来春には自身が大学の理事長に就任し、大学名も変えると仰っているそうです。
永守氏は「大学を作るのが夢だった。他国と比べて日本の大学は即戦力を出せていない。企業や社会が求める人材を育てる。金も口も出すよ」と報道陣に語っておられます。

また既に永守氏は14年、70億円の私財で府立医科大にがん治療のための陽子線施設を寄付すると表明されています。

日本という国にとって大事なことは、国家レベルで優秀な人を育成することだという考え方なんでしょう。
息子を○○大学に入れたいと庶民は言いますが、この方の場合、大学を作りたい、世界に通用する人や世界を凌駕できる人、いや全人類のリーダになれる人を育てたいというお気持ちがあるんじゃないかと拝察します。
まさに考え方もやることも、スケールが違います。
[PR]
# by ll23910 | 2017-04-21 06:19 | Trackback | Comments(2)
マスコミの不思議



e0143416_07463773.jpg


ついこの前まで、ニュースと言えば必ず「松友学園」か「築地市場の移転」だったけど、ここに来て急に出なくなりました。
急に静かになりましたね。
あれだけ野党もマスコミも騒ぎ立てたのに、一気に終焉とはなんだか不思議な気がします。
決して問題が解決したわけではないのに・・・・・。

どこかで何かのベクトルが働いているのでしょうか。

今、各メディアは北朝鮮vs米国問題を騒ぎ立ています。
大事な問題ですから、きっちり結末まで追いかけて欲しいもんです。



[PR]
# by ll23910 | 2017-04-19 07:49 | Trackback | Comments(2)
民進党の支持率低下


このまえ散歩に行ったときに、偶然、瞬間が撮れました。
e0143416_627432.jpg

民進党の支持率低下に歯止めがかからないようです。
なんと6.6%と公表されています。
何でも党結成以来、ワーストの数字だそうです。

どうしてこんなことになったのでしょう?
躓きのスタートは何といっても蓮舫自らの二重国籍問題でしょう。
その後、度重なる民進党議員のブーメラン発言、ここにきて長島の離党、細野の代表代行辞任、国会では酔っぱらってタクシー運転手に、「釣り銭受け取る法的根拠は何か!」と難癖つけ、防衛省女性幹部を脅かした後藤祐一や質問状にない質問の繰り返した山尾等など、次から次にと問題には事欠きません。
このまま衆院選の前哨戦と言われる、東京都議選を迎えるのでしょうか。

今いる民進党派の議員にしても、沈みかけた舟にずっと乗っている訳にはいきませんから、どっかで見切りをつけて逃げ出すでしょう。
そう考えればこれからも、もっと負のベクトルが働き、きっと悲惨なことになるのではないでしょうか?
[PR]
# by ll23910 | 2017-04-18 06:29 | Trackback | Comments(2)
民進党 空中分裂か


イヤな顔ですね。 これじゃ、このリーダーに誰もついてこないのでは・・・・・・。 
e0143416_6393260.jpg


民進党はどうなってしまうんでしょうか?
4月10日に長島昭久衆院議員が民進党に離党届を提出。
4月13日には細野豪志代表代行(衆院議員)が執行部の憲法改正への対応を不満として代表代行の辞表を提出。
但し細野氏は離党は提出していないようです。

またこんなドタバタも起きています。
衆院厚生労働委員会は12日、介護保険関連法改正案を自民、公明両党などの賛成多数で可決しました。
これは民進党の柚木道義氏が法案審議と関係のない学校法人「森友学園」の問題について、委員会に出席した安倍晋三首相に答弁を求めたことに与党が反発し、採決を強行したものです。
柚木という男、もともと目立ちたがり屋で、これまでもいろいろなことをやらかして物議を醸しています。
今回は、質問状に入っていないことを質問して、本題の審議を妨げました。

”民進党、終わったね”という気がします。
執行部に離反する動きが続出して、蓮舫の求心力がさらに低下することは確実でしょう。
もともと求心力なんてないのですから、実態が晒されただけでしょうけど。
でもこれ以上下がったら・・・・・、ほとんど”さがりしろ”はないと思います。
[PR]
# by ll23910 | 2017-04-14 06:41 | Trackback | Comments(2)