「エキサイト公式プラチナブロガー」スタート!
利尻島・礼文島ツアーその2




前回の続きで利尻島・礼文島ツアーの礼文島編をアップします。
ここのところ台風が連続して北海道を襲って、被害を出しています。
今にして思えば、私の行った期間はちょうど台風と台風の合間で、本当にラッキーでした。
旅行の楽しみって、天気で大きく左右されますからね。
e0143416_1942569.jpg

礼文の楽しみ方は利尻と同じで、メインは景色、高山植物、海産物でしょう。
レブンアツモリという花が結構有名で、礼文島にしか群生しない花で絶滅危惧種です。
一時、盗掘が進んで、存続が危うかったそうです。地元の方はどこに何本生えているか把握しておられるぐらい貴重な花です。
残念ながら6~7月が開花シーズンで、既に終わっており見ることはできませんでした。
でもそれ以外にたくさんの高山植物が満喫できました。

ツアーでは「花れぶん」というホテルに泊まりました。
このホテル、実に素晴らしいホテルです。
私が生涯泊まったホテルの中でも、ベスト3に入る良いホテルでした。
施設は勿論の事、サービス満点でした。本当に素晴らしい。
ちなみにチェックインして部屋に入ったら、テーブルの上にこれが置いてありました。
嬉しい心遣いじゃありませんか。
e0143416_19391446.jpg

食事も個室で専属の方がサーブして下さいました。またその方のアドバイスが実に適格でした。
無駄口は一切なく要点だけを適格に伝える方でした。
ホテル全体の素晴らしさを、下手な私の文章では適格に伝えられないもどかしさがありますが、本当に素晴らしいホテルです。
もし都内にあったら、一泊でいくらで売れるかなと思わず考えてしまいます。

バスガイドさんの語りも最高でした。島の産業は漁業と観光しかないと説明されていました。
ガイドさんもダメなガイドは、すぐにお声がかからなくなるのだと思います。
そうやって優秀なガイドさんだけが競争で生き残り、淘汰されていきます。
そして更に競争意識が働いて、益々レベルがあがっていく良いサイクルになるんでしょう。

特記事項をピックすると、ウニむき体験です。
e0143416_1940236.jpg

右側にある道具でウニを割って、海水で洗って、水を切って食べる体験をしました。
ウニはキタムラサキウニで決して高級種ではありませんが、おいしかったです。


海岸線を走っていると、アザラシがいました。結構いっぱいいました。
勿論野生です。
岩の上に仰向けになって、おなかを出してひなたぼっこをしているのもいました。平和です。
写真が青いのはバスの車中から撮影した為です。
e0143416_19402636.jpg


この紫色の花、きれいでしょ?
トリカブトです。
間違ってもさわらない方がよさそうです。
e0143416_19405281.jpg


最後に癒される景色をアップします。
e0143416_19411387.jpg


e0143416_19412365.jpg

[PR]
# by ll23910 | 2016-08-23 19:43 | Trackback | Comments(4)
利尻島・礼文島ツアー




先週一週間夏休みでしたので、涼を求めて北海道の北の方、利尻島・礼文島へ行ってきました。
ちょうど台風の合間の移動と滞在で、天気はラッキーでした。

でも北海道も暑かった。
結論から言うと、涼は求められませんでした。

この2つの島の売りは、何といっても自然と海の幸です。
澄んだ空気や本州では見られない高山植物がたくさんあって、昔の自然がそのまま残っている感じです。
先ずは利尻島へ行きました。
飛行機の中から撮った利尻富士です。
e0143416_16444355.jpg



姫沼という沼があってそこから撮った利尻富士です。
e0143416_16445425.jpg



オタトマリ沼というところから撮った利尻富士です。天気がすごく変わりやすく、山がガスっています。
e0143416_1645653.jpg

小さい島なので簡単に一周できます。 それぞれ見る場所で山の見え方がずいぶんと変わってきます。
島の人口は4800人だそうで、産業は漁業と観光だそうです。
バスの車中は現地ガイドさんがマイクを持たれたのですが、とても上手で驚きました。東京で行くハトバスツアーのガイドさんとは雲泥の差です。
(ハトバスさんごめんなさい・・・・でも事実です・・・・・やっぱり置かれている環境の差でしょうか)


食事はやはりこれです。旅行中はウニ三昧でした。
e0143416_16451797.jpg

[PR]
# by ll23910 | 2016-08-21 16:54 | Trackback | Comments(2)
男子柔道監督 井上康生




e0143416_77950.jpgロンドン五輪での男子柔道界不名誉記録「金メダルゼロ」の責任を取って、全日本男子監督だった篠原信一が4年前に辞任しました。
その後を受けて、新たに代表監督に就任した井上康生が今回のリオで男子全階級メダル獲得の偉業を達成しました。
すごいことですね。

勝因は、肉体的にも精神的にも、練習の仕方を変えたことですね。
選手たちのモチベーションをあげ、一方で新しいメニューや科学的な練習方法を取り入れる。
このやり方がすべてではないでしょうか。
拍手emoticon-0148-yes.gif 拍手ですemoticon-0148-yes.gif

4年後の東京に向けて更なる飛躍を期待したいもんです。
[PR]
# by ll23910 | 2016-08-17 07:09 | Trackback | Comments(2)
富士山ツアー




昨日アサヒビール工場見学の記事をアップしましたが、実はメインは富士山ツアーで、富士山に行く途中の寄り道がアサヒビール工場見学でした。

富士山にはこれまで行ったことがありません。
新幹線、高速、飛行機など、遠くからその雄大な姿を眺めることは数え切れないほどありますが、登ることは勿論のことそばへ近づくことも経験なしです。

富士山の五合目からは登山口が4つあるそうで、
「吉田ルート」、「富士宮ルート」、「須走ルート」、「御殿場ルート」があり
私はバスで「須走りルートの5合目」まで行って、後は散策をして雄大な富士と下界を眺めようとの魂胆でした。

ところが、天気は生憎の曇り空というよりも、むしろ降る寸前。
五合目に登る途中、五合目の少し下あたりでは雲に覆われ2~3m先も見えない状態でした。
ガイドさん曰く、「晴れていたら、ここから雄大な富士が見えます」「あちらから素晴らしい裾野の景色が見えます」とタラレバの話ばかりで悔しい思いをしてきました。
結局、売店の写真で見て終わりでした。

まあ、残念だったけど、秋にはリベンジでまた行きたいと思います。
10月は晴れが多くて見える確率が高いそうです。


観光案内所です。 勿論誰もいません。
e0143416_9401737.jpg


トイレは有料なんですね。
何でも水1トンを五合目まであげるのに1万円かかるそうです。 それくらい水が貴重で環境維持のために、登山者に協力してもらっているとのことでした。
e0143416_9403527.jpg


これは「アザミ」です。 知りませんでしたが、このアザミの根が「山ゴボウ」だそうです。
e0143416_9405041.jpg


こちらはヨモギに似ていますが、これがトリカブトだそうです。昔トリカブトで旦那を殺そうとした殺人事件がありましたね。
現物を見たのは初めてです。  どう見ても、ぱっと見ヨモギです。
e0143416_941148.jpg


案内表示です。
e0143416_9411335.jpg


e0143416_9412347.jpg


古御岳神社は、3万年前からの守り神だそうです。
e0143416_9415796.jpg

[PR]
# by ll23910 | 2016-08-16 09:46 | Trackback | Comments(2)
アサヒビール工場見学



お盆ですね。
私はお盆休みをいただいて、14日(日)にバスツアーで富士山へ行ってきました。
実は富士山にはこれまで行ったことがなくて、話の種に一度は行っておこうということになり実現しました。
ツアーの中身は、メインは富士山なんですが、まずアサヒビールの工場見学、その後伊豆へ移動して海鮮バーベキューで昼食、簡単なクルーズ、そしてメインの富士山五合目、散策というコースで、帰路は予定通りお盆の大渋滞に巻き込まれ・・・・・というコースです。

今回は最初に行ったアサヒビール工場をアップします。
山の中の広大な敷地に、ゆったりとしたとても大きな工場が立っています。
e0143416_9465737.jpg



緑が多くて、館内も清潔感があふれていました。
e0143416_9511289.jpg



e0143416_9513475.jpg

工場内は撮影禁止なので写真はありません

工場見学の最後にはビールをを試飲させてくれます。
これが楽しみだったんです。
コップ一杯、350mlのジョッキで3杯まで飲ませてくれます。
(ツアーはバスでの移動ですが、トイレつきのバスなので心配はありません)
試飲は一杯目はスーパードライと決められています。
二杯目、三杯目は黒かスーパープレミアムのどちらでも構いません。

私は、スーパードライを一杯飲んであとは黒とスーパープレミアムをそれぞれコップ1/3程頂きました。
夕方だったら結構進むでしょうが、朝の10時過ぎだったので、それほど飲めるものではありません。
どれを飲んでも、今まで飲んだことがないくらい、ものすごくおいしいビールでした。
温度、味、香り、泡等など、最高です。
申し分なしでした。
いつも家で飲んでいる缶ビールは一体何なんだろうと思うくらいで、とても較べものになりません。
すっかりご満悦。
昔、キリンビール工場に行ったことがありますが、キリンは試飲でコップ一杯しか飲ませてくれませんでした。
アサヒさんやるね!!
e0143416_9521042.jpg

富士山は写真を整理して、次の機会にアップします。
[PR]
# by ll23910 | 2016-08-15 09:54 | Trackback | Comments(2)